読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

beneath your beautiful

fangirling all day

ありのままのソン・ジヒョ @ allure 2017年2月号

2017 ソン・ジヒョ 日本語訳
 

シワを気にせずに大きく笑って見せ、自虐的なジョークも気軽に飛ばす。ありのままの姿で愛されるというのは難しいことだが、ソン・ジヒョには違うようだ。ありのままの彼女に会った。

 

f:id:vouschuchotez:20170225163313p:plain

 

カメラマンがカメラのフラッシュを光らせるたびに褒め言葉を投げると、ソン・ジヒョは「プハッ」と笑った。そばにいたスタッフたちは、写真を見ながら「綺麗」と口ずさむように独り言をつぶやいた。当の本人には聞こえないほど小さな声で。おかしい。芸能人を撮影する時は、スタッフ全員が約束でもしたかのように歓声を送るのに、ソン・ジヒョの撮影スタジオは静かだった。彼女は「綺麗」という言葉を照れくさがり、女優という修飾語に違和感を覚える。ソン・ジヒョが見せたい姿はそれとは異なるからだ。

 

撮影終了後、「10分だけ待ってください」と言うと、髪をぎゅっと結んで化粧っ気のない顔で現れた。定番の化粧ポーチもなく、普段はティッシュ一枚だけ持ち歩くと言う。そんな化粧支度には無関心に見える彼女が生まれて初めて自身の冠番組「ソン・ジヒョのビューティビュー」の司会を担当することになった。最善を尽くした結果は自分の役割ではない(최선을 다해보고 그에 따르는 결과는 자신의 몫이 아니다)という彼女は気さくに、まるで他人事のように語った。「どうしようもないですよ。勇気を出して、まずは挑戦してみるんです」。ソン・ジヒョはたくさん笑い、たくさん話した。彼女の笑顔に伴う言葉は正直だった。だからソン・ジヒョはもっと綺麗だった。いくら彼女が否定しても。

  

f:id:vouschuchotez:20170225163403p:plain

 

撮影中少し驚きました。グラビア撮影時は普通、スタッフ全員がモデルに対して褒め言葉をあれこれ投げるのに、今日は非常に静かだったので。

大げさなほどの賞賛には負担を感じます。撮影時は、私のポーズや表情がぎこちないとき指摘を受けて話をするくらいです。「綺麗」という言葉はとても照れくさいし恥ずかしいんです。
 

じゃあ代わりに、「美しい」は?

その言葉が嫌いな人はいないでしょう。でも、私を動かすのは「自然だ」「一生懸命だ」「すごく上手だ」といった言葉です。
 

「ソン・ジヒョのビューティビュー」制作発表会で、化粧ポーチがないと仰りました。今もないのですか?

はい。必要ありません。カバンやポーチを持ち歩くよりは、全部服のポケットに入れて行動します。今日持ってきたカバンには、撮影で使う靴や念のためにヌードカラーの下着、ヌーブラが入っています。プライベートではカバンも持たずもっと身軽に出かけます。海外へ向かうために飛行機に乗るとき以外は。そのときは静電気防止スプレー、マスク、ミストと耳栓を持って行きます。
 

化粧に無関心なジヒョさんが美容番組のMCになりましたね?

ある日、自分の顔を見たとき「そろそろ目の下に何か塗った方が良さそうだな」と感じました。そのときから日焼け止めクリームを塗るようになったのですが、肌が明るくなるのを感じました。BBクリームとCCクリームを使うようになった頃に番組MCのオファーが来ました。化粧をし始める年頃からプロにメイクをしてもらっていたので、簡単なものと思っていました。でも、いざ試してみるとすごく難しいんです。番組を通して化粧品を知るようになったし、学んでいく過程が面白いです。お化粧ができない人も、プロを真似て試行錯誤する私の姿を楽しく観ていただけるかと思って勇気を出しました。
 

「すっぴん」がジヒョさんのシンボルになりました。

いつからか、化粧をしないでいると体調が悪いのかと尋ねられるようになりました。私は何てことないのに...(笑) 「どうしてだろう?もう少しニッコリと笑ってみようか」と思いましたが、勇気と自信だけではどうにもできなくなった瞬間があったんですね。みんながしているから、ではなく自ら(必要性を)感じて始めたことなので、より積極的にするようになるんだと思います。時の流れは止められないから、それに対応できることをしなければならないと思います。
 

月日の流れに逆らうようにプチ整形や整形をしたりはしなさそうです。

若い、というのは良いことでしょう。でも、若い子たちに会えば会うほどに後悔を感じることは、「どうして私はあの頃持っていたものの大切さを知らなかったのだろう?」ということです。同じことをしても早く回復できるから、すぐ他のことを始められるエネルギーも羨ましいです。
 

気さくな女優としては指折りです。それが自分の行動のしがらみになることは?

私も人間ですからかっとなることもあります。ただ、特に敏感になってイライラする部分があって、その感情をアピールしなければいけないのに親しみやすいイメージのために言えないこともあります。感じるままに行動してしまうと「あいつ変わったな」と言われるかと思って、もどかしい思いをしたこともあります。
 

女優は人々から期待されることが多いかと思います。容姿はもちろん、演技、私生活、性格など。そのような枠に縛られることは?

私は「女優」という修飾語に常に違和感を覚えます。女優のように行動したり扱われると恥ずかしくなります。俳優というタイトルは未だ手に余ります。私は、芝居を一生懸命楽しむ女優になりたいのであって、女優になりたいわけではありません。女優だけとして見られるとあまり良く思われないかもしれません。そのような方々に女優としてアピールするよりは、俳優として本業に忠実な姿をお見せしたいです。
 

一番かっとなる瞬間は?

家から一歩出たら地獄だと言うじゃないですか。玄関を出たら心を空にします。「今日は楽だったらいいな」ではなく「今日はどんな面白いことが起こるだろう?」と考えます。でも、気まずい人間関係には耐えられません(笑) 我慢してもダメだったら距離を置きます。それで上手くいかなかったら別れます。「忍」と言う字を心の中で3回書くスタイルです。

  

f:id:vouschuchotez:20170225164104p:plain

f:id:vouschuchotez:20170225164116p:plain

 

ドラマ「元カノクラブ」では、役者としてのソン・ジヒョを見直しました。視聴率は良いとは言えませんでしたが。

その作品で初めて早期放送終了を経験しました。どの作品であれ終わりはあるし、その時まで多くの方々と心を一つにして走っていくのが面白いです。それなのに、全力疾走していたところのすぐ目の前に終わりが来たので気抜けしました。また悔しくもありました。
 

最近出演したドラマ「今週、妻が浮気します」のチョン・スヨンは、多くの女性が共感するキャラクターでした。熱心に働き、かつ家庭も守ろうとする女性の葛藤や感情を上手く表現していました。キャラクターがソン・ジヒョというぴったりの女優に出会ったのか、はたまたソン・ジヒョがキャラクターに上手く出会ったのでしょうか。

そういった話を聞くと嬉しいです。以前から考えていたことですが、白い画用紙が作品の枠だとすると、それに絵を描くのが監督の仕事で、その色にしっかりと合わせるのが俳優の役割だと思っています。私はその画用紙に描かれている一人として染み込みたいです。作品に関わっている間は、私という人間をなるだけ消そうとしています。
 

お芝居をしていると、どうしても本人の色が出てしまうため、それを(役に)馴染ませるか完全に消し去るか、葛藤する役者も多いんですよ。

私は毎回切り替えます。自分のものに固執するよりは、「あの時どうしてあんなだったんだろう?」とじっくりと噛むスタイルです。あと、周りの人に本当にたくさん尋ねます。それぞれ違う答えが返って来ますが、まず聞いてみると自分だけのもの浮かび上がってきます。ある意味、芝居をする時は芯が弱いです(笑) 「今週、妻が浮気します」からの切り替えは、次の作品でします。作品一つ一つの余韻がたくさん残っているし、愛着が強いんです。作品だけでなく、周りの物や人も気軽に替えたり捨てたりできません。
 

断捨離できない人が整理ができないと言いますが?

整理が得意すぎて捨てられないのだと思います。捨てようとした物を違う場所に置き直したり、リメイクしたりするのが面白いです。
 

もう使っていない古い携帯電話も持っているとか?

携帯電話はもちろん、古い下着も捨てられないし、パジャマとして着ています。節約家とも言えますが、貧乏性なんだと思います(笑) こんなだから家に物が溢れすぎて、両親に怒られたりもします。自分の物に対して強い愛着があります。携帯電話も、写真を見ようと取り出しては昔のメールを読んで、「この頃はこんな口調で、この人にはこう言う風に接してたんだな」と過去を思い出します。過去に縛られているわけではなく、回想するのが好きな方です。
 

記憶力も良い方ですか?

道をよく覚えているのでマネージャーたちは大変そうです(笑) 「ランニングマン」のメンバーも、収録中申し訳なく思っていたことを思い出して謝ると、「ん?何のこと?」と戸惑います。不思議と、出来事や道はよく覚えますが、数字や名前、タイトルは覚えられません。それも覚えられたらAlphaGoになれるでしょう(笑)
 

一番怖い存在はお母さんだそうですね。

好奇心旺盛でやりたいことをやらないと気が済まない性格のため、気のままに行動してしまうと悪い道に行ってしまうかもしれないし、放蕩娘になってしまうかもしれないと思います。ある刺激は違う刺激によって忘れられるものですから。その中心を守ることができたのは両親のおかげだと思います。未だに両親は怖いけど、最近はそれを超えて恋しいし尊敬しています。両親がいない世界を想像すると怖くもあります。大切だということをわかっているので、失うかと怖いのだと思います。毎日会っても切ない気持ちになります。
 

意外です。「自分だけの空間」に執着する自立したタイプではないのですか?

家族と同居していても、自分の部屋は守ります。実際、家族は私だけの空間を侵害しても許される唯一の存在だと思います。だけど、自分だけの空間がもっと必要な時は車に移動します(笑)
 

最も一人でいたい瞬間は?

心も体も疲れている時は一人の空間が必要です。そういう姿を家族に見せたくないんです。自分の肩の荷を減らすというよりは、家族の荷を増やしているように思うんです。
 

一人暮らしを考えたことは?

一度もありません。20代前半のころは、夜遅くまで遊んで帰ってくることが多かったんです。その時一度両親に、いっそのこと一人で暮らせと言われました。私は嫌だと言って喧嘩しました(笑) 家族みんな変わった性格なので、一緒にいると私がめちゃくちゃ普通の人に感じるほどです。家族と一緒にいると、本当に面白いし幸せです。その恵まれた環境を自ら捨てる理由がありません。
 

人間関係は狭く深いタイプですか?

7年間「ランニングマン」に出演して、それまで閉鎖的だった性格が大きく変わりました。番組が私の人生を豊かにしてくれました。相手と深い関係になろうと思うと互いにコードが合わないといけないけれど、それを知っていくのにとても時間がかかります。長くかかってもそばにいてくれる人たちは贈り物のようです。
 

バラエティ番組はお芝居の助けになりますか?

とても。私は何かを受け入れるのが遅いしとても時間がかかります。「ランニングマン」に出会っていなかったら今頃取り残させていたと思います。寝る時間と家に帰る時間、トイレに行く時間以外ずっと24時間ついてくるカメラとも仲良くなったし、毎週月曜日・火曜日に会うスタッフとメンバーを通じて「大変な世の中だけど、こんなに愉快に乗り越えることができるんだ」ということがわかりました。「ランニングマン」に出会っていなかったら、どのように生きていただろうかと思います。
 

今年もジヒョさんの演技を見られるでしょうか?

作品に対する意欲は常にあります。ぴったりの服のように私に合う機会がいつもあれば良いけど、そうはいかないじゃないですか。今はその服を探すための準備をしています。

www.allurekorea.com

 

f:id:vouschuchotez:20170225164344p:plain



あとがき

アイドル(というかSISTAR)のインタビューしか訳したことがなかったので、思っていた以上に長く充実した内容でびっくり(笑)通学時間にちょこちょこ訳していたら原文の公開から1週間も経ってしまいました。知らない単語以上に、知ってはいたけど曖昧に認識していた単語や文法にほとほと悩まされ、韓国語もまだまだだなあと改めて痛感。原文のニュアンスを維持しつつ自然な日本語に直すように努めましたが、ところどころ不自然な箇所もあるかと思います。ご容赦ください。

内容ですが、「物が捨てられない」とはなかなか意外でした。6年くらい「ランニングマン」を観てきたけれど、やっぱり番組だけではわからないことだらけだなあ。だからこそ、他のバラエティ番組やラジオ、雑誌のインタビューでの収穫が多くて楽しかったりするのですが。あと当方は昨年(当時18歳)一人暮らしを始めたので、未だにご両親と同居していることもまた大きな衝撃でした。私は実家に帰る期間をできるだけ短く、と考えるほど一人暮らしを気に入ってしまったのでとても信じられないです(笑)でも一緒に暮らして幸せだ、というのだからそれが合っているんでしょうね。

「ランニングマン」のおかげで人見知りの性格がマシになった、というのはどこか他の場所でも言っていたように記憶しています。それこそ番組では気さくでフレンドリーな印象を与えますが、裏ではかなり苦労したかと思います。性格って簡単には変わらないし、自分の意思でひょいっと変えられるものでもないですもんね。


また新しいインタビューや、そこまで古くなく面白いものを見つけたら訳してみようと思います :) Thank you for reading! ✏︎

セクシーなSISTARヒョリンを精肉店の肉のようにラップで包んだ理由(1)

SISTAR BORA HYOLYN SOYOU DASOM 2015 日本語訳
タイトルがすでにカオスなんですけど、内容も面白かったので訳してみました。
無駄に長いので2つに分けます....
 
f:id:vouschuchotez:20160613234155g:plain
SISTAR 終わらないインタビュー
ヒョリン “私を捕まえて”
ボラ “なんとか歩いてます”
ソユ “チョン・ミョンフンさん、また会いましょう”
ダソム “恋愛10年目”
 
f:id:vouschuchotez:20160613235031j:plain
注意
私たちは音楽雑誌でも芸能誌でもない。
SISTARの音楽について知りたければ、
以下のニュースサイトのインタビューを参照すること。
素晴らしいインタビューだ。
 
f:id:vouschuchotez:20160613235401g:plain
ヒョ:どのカメラですか?
ピキ:こっちです。
ダソ:本番入ります 1、2、3〜
ヒョ:本当に上手。素晴らしい才能だわ..(末っ子ベタ褒めㅋㅋ)
ピキ:私たちは他とは違って遊び心あるインタビューをするのですが、冗談を言ってもあまり困惑しないで...
ヒョ:もう〜絶対ないです〜 私たちが困惑させてあげますよ〜 ボーイズグループですから〜(SISTARはボーイズグループだとしきりに主張するヒョリンさん)
 
f:id:vouschuchotez:20160614000801g:plain
ピキ:改めまして SISTARの皆さんこんにちは!
ソユ:真ん中に向かって挨拶すればいいんですか?
ピキ:はい、お願いします
ヒョ:『ピキキャストの読者の皆さん』ですか?
ピキ:はい
ヒョ:ピキキャストの読者の皆さん 2 3
全員:We Da B.E.S.T SISTAR こんにちは SISTARです〜
 
f:id:vouschuchotez:20160614001221g:plain
ピキ:グループ名が「SISTAR」ですが、星を見るのはお好きですか?シー!スター!
ソユ:またこんなことのせいで..
ボラ:はい 好きです
ソユ:私も好きです ヒョリンオンニはどうです?
ヒョ:頭良いですね〜 そんな発想なかったわ シースター
ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
ダソ:大したことある*1ガールズグループです!
ボラ:次!!!ㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
 
f:id:vouschuchotez:20160614002017g:plain
ピキ:今年も変わりなく夏にカムバックしたじゃないですか。冬には何をされているんですか?日焼けしながら冬眠するんですか?
ソユ:11月から1月までは年末の準備をします(笑)
ボラ:夏が終わって学園祭のシーズンになるとイベントに出演したり。
ソユ:学園祭のシーズンが終わるころから授賞式の準備を始めます。あと授賞式が終わって年が明けて、休むようなころにもまだ授賞式が残ってるんですよ、2月まで。
ピキ:では休暇はないんですか?
ダソ:夏の活動が終わって9月にほんの少し?3日くらい?
ソユ:休暇というよりはスケジュールがない日。
ボラ:自分で好きに休むんですㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
ソユ:スケジュールがないとき...はい。
 
f:id:vouschuchotez:20160614104906g:plain
ピキ:冬といえば、昨年末「ユ・ヒヨルのスケッチブック」で「猿の惑星(韓国語題:惑星脱出)」のパロディをされましたが
ソユ:ああ〜
ピキ:ものすごい話題になりましたが、当時は一体何を考えてあのような行動に?
ダソ:何を考えてㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
 
f:id:vouschuchotez:20160614105434g:plain
ソユ:『クリスマスの日、時間があったら何をしたい?』というのが元々のお題だったんです。
ダソ:それが『日常からの脱出』だったのにㅋㅋㅋㅋㅋ
ソユ:番組自体が、クリスマス特集で面白おかしくされているじゃないですか。なので最初に「猿の惑星」のアイデアを出した時は、BIGBANGのTOP先輩の「DOOM DADA」みたいなリアルな扮装をしたかったのに...
 
f:id:vouschuchotez:20160614105837g:plain
ヒョ:しなくてよかったって!その時の写真が話題になった時も、「TOUCH MY BODY」を踊ってる写真なのにコメントは全部「ヒョリンが3人いる」だったもん
全員:ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
ヒョ:4人一緒にガチの扮装してたら大変なことになってた
ソユ:ううん いっそのことみんな同じようにしてたら..
ボラ:もっと細かいところにこだわりたかったのに、時間がかかって..
ダソ:8時間はかかると言われたんです
 
f:id:vouschuchotez:20160614110525g:plain
ヒョ:自分たちで手も黒くして毛もつけて。
ボラ:どうせするなら面白くしたほうがいいじゃないですか。先輩たちが「大丈夫なの?」と声をかけてくださったのですが、「はい、大丈夫です!」と言って楽しみました。
ソユ:カットされた部分はもっとひどかったんですよ。ステージに寝っ転がってゴロゴロ転げ回ったり..
ボラ:お互い引っ張りあったりしてたのにㅋㅋㅋㅋㅋ
ピキ:すごく楽しまれていたんですね
ヒョ:面白い収録のほうが楽しいです
ピキ:他のガールズグループとはケタ違いで面白いですね
ヒョ:少し違うとおもいます、そんな部分はㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
 
f:id:vouschuchotez:20160614111419g:plain
ピキ:今年の冬はどんなコンセプトにしたいですか?
ダソ:もう「猿の惑星」はしませんㅋㅋㅋㅋㅋ
ソユ:今年は休もう
ヒョ:なんでよ、私「アベンジャーズ」やりたい
ソユ:どうぞ
ヒョ:みんな違うキャラで
ダソ:私は「マッドマックス」のギターリストがしたいです みんなで。イモータンジョーでもいい
ヒョ:ウォーボーイは?ㅋㅋㅋㅋㅋ
 
f:id:vouschuchotez:20160614112028g:plain
ダソ:3人がウォーボーイで私はイモータンジョーする
ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
ヒョ:ダメ みんな同じのじゃなきゃ〜
ダソ:じゃあ4人でウォーボーイ?ㅋㅋㅋ
ピキ:では今年は「ウォーボーイ」で決まりですか?
ソユ:ウォーボーイ。
ピキ:楽しみにしてます
(ウォーボーイ:今年の冬をお楽しみにㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ)
 
f:id:vouschuchotez:20160614112430j:plain
 ピキ:今回のアルバムのコンセプトは「愛らしい悪女」ですが、次のうち韓国の四大社会悪ではないものは?
ボラ:いきなりクイズですか?
ダソ:私わかります!
ボラ:選択肢があるって
ダソ:四大社会悪を知ってるってこと
ピキ:お〜
ヒョ:問題の意味がわかんない
ソユ:聞いたらわかるかも。もう一度説明してくれるはず。
ピキ:違うものを選んでくださいね。1番、性暴力。2番、家庭内暴力。3番、校内暴力。4番、社内暴力。5番...
 
f:id:vouschuchotez:20160614113053j:plain
ダソ:社内暴力!
ピキ:正解ㅋ では残りの1つは?
ダソ:不良食品(ジャンクフード)!
ピキ:ニュースをよくご覧になるんですね
ダソ:呆れてしまって
ピキ:同感です
ダソ:大企業のものと全く同じなのに、中小企業が作ったら不良食品(ジャンクフード)といわれて、大企業のものは安全だと認識されていることが理解できなくて。
(ヒョリンは最後まで意味がわからなかったという)
 
f:id:vouschuchotez:20160614114141j:plain
ピキ:ジャンクフードは好きですか?
ダソ:大好きです
ボラ:ダソムだけ。
ソユ:私も好きよ
ボラ:..そ、そうですか
ピキ:そんなSISTARのみなさんのためにジャンクフードをご用意しました。
 
f:id:vouschuchotez:20160614114452g:plain
全員:おお〜〜〜〜〜
ソユ:珍しいものですか?
ピキ:いえ この近所にある..(困惑)
ソユ:ひっくり返そう
ピキ:私たちのプレゼントがこんな風に扱われたのは初めてです。普通は横に置いたりするのに、びっくりです
ヒョ:食べてもいいですか?
ピキ:はい 食べながらでいいですよ。一番思い出に残っているジャンクフードってありますか?
ヒョ:ホットクわかります?
 
f:id:vouschuchotez:20160614115105g:plain
ヒョ:スーパーで売ってるホットクを平たくして、ソーセージとカニカマを上に乗せてひっくり返してハンバーガーにして食べるやつ。すっごい美味しい
ソユ:わかるㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
ヒョ:あとあれも美味しい、100ウォンのトングランテンで茶色と黄土色の。
ボラ:それ!!ゲーム機の中に入ってるやつ。
ヒョ:それもだし、あとナナコンも。
 
f:id:vouschuchotez:20160614121049g:plain
ソユ:ちょっとマイク..
ヒョ:あ すみませんㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
ソユ:あ!これも!?
ヒョ:これは私の!
ソユ:じゃんけんで決めようよ オンニばっかり食べて
ヒョ:半分こして食べよ
(この日音声さんは鼓膜が破れる思いをしたとか...)
 
f:id:vouschuchotez:20160614121402j:plain
ピキ:今回のアルバムのタイトルが「シェイク イット(SHAKE IT)」ですが
ソユ:シェイク〜
ヒョ:シェキッじゃだめですか?シェキッ。「シェイクイット」であいうえお作文じゃないでしょうね
ピキ:いえ、私たちは特別なものにします。「SHAKE EAT」、シェイクを召し上がってください。
 
f:id:vouschuchotez:20160614121650g:plain
ヒョ:なんで食べるものばっかりくれるんですか?ㅋㅋ
ピキ:少し太って欲しくて〜
ボラ:わざとでしょ!カムバックの前に
ヒョ:それでもこんなにたくさん用意していただいてありがとうございます
ソユ:このシェイクあんまり好きじゃないや
ダソ:私は好き
ソユ:牛乳?
ダソ:ううん バニラ
ヒョ:美味しい
ダソ:あぁ 美味しい
ソユ:ん..おいしい!私「おいしくない」ばっかり言ってた気がする
ヒョ:うん。いい子ね
 
(左) シェイクを飲んで気分が上がったユン・ボラさん (26歳)
(右) シェイクが変な味がするカン・ジヒョンさん(24歳)
 
f:id:vouschuchotez:20160614143044g:plain
ピキ:「シェイク イット」を早口で言ってみてもらえますか?
ボラ:しぇきしぇきしぇきしぇき
ピキ:はい。カムバック直前のSISTARのみなさんは一日三食(サムシセッキ)何を食べていますか?
ボラ:うははㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
ヒョ:一日三食食べれてないです
ソユ:ここまでぶっ飛んでるとはㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
ヒョ:なんで?かわいいじゃん。こういうのよりマシでしょ、「SISTARのみなさん、シェキでカムバックしましたが、アルバムの紹介をお願いします」
 
f:id:vouschuchotez:20160614144209j:plain
ボラ:本当に三食食べられないです。多くても二食とか。
ピキ:食事制限をしてダイエットしているんですか?
ボラ:二食にしようとしてるのではなくて..
ソユ:食べる時間がないんです
ボラ:活動期間は、美容室で支度をするときに買って急いで食べたり、その日のスケジュールを見て食べる時間がないときはほとんど美容室で食べたり。大体そんな感じです。
ダソ:ほとんどインスタントなんです。きちんと調理された料理は食べられなくて。いつも時間に追われる職業だから、近所で売ってる簡単なものをたくさん..
 
f:id:vouschuchotez:20160614144756g:plain
ソユ:なのでそれだけでテレビ局に行くときは時間があるのでしっかりとご飯を食べます。
ピキ:食べないから太らないんですか?
ソユ:よく食べます。ファンの方々がプレゼントしてくれたりするのでちゃんと食べられるときもあるし。
ボラ:食べるときにはしっかり食べるようにしてます。
ダソ:仕事が終わって家に帰ってからおいしいものを食べるので。
ソユ:活動期間はスケジュールが終わってからみんなで食べることが多いです。
 
 
 つづく

*1:韓国語:별 볼일 없다(星を見ることがない=大したことない)

MONSTA X「SISTAR『勝手に聴くから静かにしてて』と」

SISTAR MONSTA X HYOLYN BORA SOYOU DASOM JOOHON MINHYUK 日本語訳 STARSHIP
 
f:id:vouschuchotez:20160526233725j:plain
 
MONSTA Xのジュホンは、Mad ClownやBrother Suなど事務所の先輩の応援について「『緊張せず、舞台の上でもいつものようにエネルギーを見せてやれ』と助言してくれた。ステージの上では狂って遊ぶ姿が見る人々も楽しいだろう、とアドバイスしてくれた」と話した。
 
ミニョクは「運良く美容室でSISTAR先輩に会った。アルバムが出るので聴いてくれと頼んだら『知ってる。(自分たちで)勝手に聴くから静かにしてて』とクールに話してくれた。忙しいのに(そう言ってくれて)感動した」と話した。
 
 
 
クールで暖かく冷たいのにぬくもりがある.........
誰とは言っていなかったけどソユかヒョリンに500ウォン賭ける
 
 
 
コメント:
 
脳内再生されるwwwwww
 
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww So Cool Cool~ 目をこすって 探してみても Cool Cool~
 
wwwwwwwwwwwwww クールだww
 
クールwwww
 
wwwwww本当にクールなのにぬくもりがあるwwwwwww
 
wwwwwwwwあwwwwwwwwまじでクール
 
ガールクラッシュwwwwwwwwwwwwwww
 
あwwwwwwwwSISTARらしいwww
 
wwwwww勝手に聴くからwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwクールwwwwwwwww
 
ヒョリンっぽい気がwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwまじでwwwwwwwwwwwwwクール
 
wwwwwwwなんかかっこいいwwwwwww
 
かっこいいwwwww
 
wwwwwwwwガールクラッシュ
 
ヒョリンかなwwwwwwwwwwwwwwwww
もう!!うるさい!って言ってそうwwwwwwwwwwwww なんかかっこいいㅠㅠ wwwwwww
 
「クールで暖かく冷たいのにぬくもりがある」まじこれwwwwwwwww
 
wwwwwwwwwクールなボスたちwwwwww
 
わあ…素敵..
 
口調はそっけなくても裏ではいろいろ気配りしてあげるSISTAR最高ㅜㅜㅜㅜㅜㅜ
 
かっこいいwwwwwwwwwwwww さすがSISTARㅠㅠㅠ
 
私はソユに一票wwwwwwwwwwwwwwwwwww
 
wwwwwwwwwwwwwww ヒョリンっぽいwwwwwwwwwwww SISTARほんと好きㅜㅜㅜ
 
わかった、わかったから静かにしてて(wwwwwww脳内再生wwwww)
 
 
クール。

最高のガールズグループ、SISTAR (「Esquire」2014年9月号)

SISTAR BORA HYOLYN SOYOU DASOM 日本語訳 2014
死ぬほど綺麗というわけでもないSISTARが
どうやって
数百組のガールズグループが乱舞する
韓国の歌謡界で 自他ともに認める
最高のガールズグループになったのだろうか?
 
f:id:vouschuchotez:20160416150731j:plain
 

歌の上手い人に歌手になってほしいです  ヒョリン

 
「TOUCH MY BODY」が確かに夏をさらいました。
新しいプロデューサー(ブラックアイド必勝)と組んだからか、私たちも含めみんな新鮮でした。SISTARと言って多くの人が予想する音楽のスタイルやコンセプトを完全に抜け出すことはできないけど、変化した姿をお見せしようと努力した部分には一応満足しています。
 
久しぶりに4人揃いましたね。
それぞれが個人でたくさん活動していましたから。各自感じたことは多かったけどあえて言ったりはしません。正直、みんな集まって嬉しい、と表現する性格でもないし。普通に話しながらおのずと感じられました。分別がついたということ。
 
その間 ヒョリンさんは「主君の太陽」から「星から来たあなた」などのOSTでヒットを飛ばしました。
正直、OSTなどはその作品のおかげだったりする場合が多いです。また、SISTARではなく私一人だけでステージに立つときは私だけの色があるんです。それがまた私に様々な機会を与えてくれるんだと思います。
 
もうデビュー5年目ですね。誰が見てもトップのガールズグループですが、どの点が他と違うと思いますか?
違うと考えてくださるだけでありがたいです。正直、私たちはすごく可愛くて細くて綺麗な白い肌な訳ではないじゃないですか。肌の黒いメンバーが2人もいるから。なのでヴィジュアルで衝撃を与えて「あの子たち誰?」という風に始まったのだと思います。
 
外見以外では、SISTARの今があるのにはヒョリンさんの声が大きな役割を果たしてきたのでは?
そうですか?そう考えたことないけど。
 
デビュー初期にヒョリンさんが一番目立っていたのは事実じゃないですか。それからボラさん、ソユさん、ダソムさんまで、今ではそれぞれが自分だけの領域を駆逐したと言いましょうか。メンバー全員が上手くいっている…
私の場合は「不朽の名曲」やSISTAR19のアルバムのタイミングが良かったんだと思います。でも今はそこまで活動していません。妹たち(ソユとダソム)も、冗談で「オンニたちは人気じゃん」と言っていました。ソユなんかは特に「オンニ、私はいつになったらオンニみたいに上手くいくのかな」と何度も言っていました。そう聞くたびにむしゃくしゃしてもどかしかったです。だってそれがいつかがわからないだけで、いつかは時が来ると思っていました。今は胸がいっぱいです、本当に。
 
後輩ガールズグループも増えましたね。
だいたいみんな歌が上手です。とにかく、私は歌が上手い人が歌手になってほしいです。下手な人じゃなくって。それが願いです。
 
ヒョリンさんの本当に魅力は、歌だけでなくダンスまで上手なところでしょう。
私は歌が上手、もしくはダンスが上手い、という言葉は聞きたくないです。欲張りなので歌もダンスも全部できてヴィジュアルまで最高という言葉が良いんだけど…そのために後でお直ししようと思います(笑)私はボーカルレッスンより振り付けのレッスンをよく受けます。ダンスを習ったことはなかったので。
 
完璧主義者のスランプはより深刻だと言いますが、SISTARで一番の酒豪だとか。
ストレスはお酒で発散するタイプです。よくないのはわかっているけど。私はもともと自分の話はあまりしません。でもSISTARになって本格的に活動が始まるとストレスが溜まってお酒を飲むようになりました。その時、お酒が入るとおしゃべりになることがわかりました。話すだけでその時のストレスや悩みを少し忘れられてストレスがほぐれるんです。やめようとは思うんですけど、まだ若いし。楽しめる間に(笑)
 
恋もしなきゃ。どんな人がタイプですか?
束縛しない人。私は自由に動きたいので。外国に住んだことはないけど、外国人っぽいマインドっていうか。
 
歌以外で他の分野に挑戦する計画は?ミュージカルとか。
まだありません。私は今していることも完璧にできていないと考えているので。与えられたことから完璧にこなさなきゃ。あれこれ“つついて”いる姿はお見せしたくないです。
 
30歳までの目標は?
単独コンサート!死ぬほど最高なものを。
 
f:id:vouschuchotez:20160416152350j:plain
 
f:id:vouschuchotez:20160416153845j:plain
 
小さなことにも慎重になろうとしています  ボラ
 
SISTARの歌は、大きく分けて「私一人」のようなしっとりとしたセクシーなものと、「Loving U」「TOUCH MY BODY」のように夏に似合う明るいものがありますが、どちらがより似合うと思いますか?
あー、難しい。2つとも逃したくないんだけどな。でもSISTARには健康的なイメージがより似合うんじゃないですか?なので後者で。もちろん「私一人」のような切ない歌詞に共感される方も多いので、そちらも失えません。SISTARだけの2つのカラーがあるということで(笑)
 
ドラマ「ドクター異邦人」も無事に終了しましたね。
最初は私もとても心配でした。お芝居は初めてだったので、カメラの前でぎこちなかったらどうしようと一人で苦労しました。まだまだだと感じながら少しずつわかっていきました。監督のアドバイスも力強かったです。演技することと画面に映ることは全く違ったんです。周りの人たちのおかげで成長した部分も少しあったと思います。
 
今日もガールズグループに関するニュースでインターネットはうねりをあげています。世間の噂にならないようにしているベテランならではの対処法は?
ガールズグループはとても若いのにみんな女性なためにひときわイシューが多いのだと思います。良い点も悪い点もあります。番組に出演する時はよく考えてから話すようにしています。気楽に話していたのにある人には悪く聞こえるかもしれないじゃないですか。小さなことも敏感に受け取られるかもしれないので慎重になろうと努力しています。
 
好きな男性のタイプも変わりましたか?
それは変わりません。ただ私は外見に先入観がないんです。よく合う感じというか。私が好きだったら好きだし、嫌いだったら嫌いなんだと思います。
 
SISTARのボラとして幸せを感じる瞬間は?
私は家族の存在が大きいです。実質私が家長なんです。今は引っ越したけど、長い間狭い家で母と兄と暮らしていました。スケジュールが多ければその分たくさん稼げるじゃないですか。今回引っ越した家も、母に少しの間でも助けになるので深く感謝しています。兄も今年は大事な試験を控えているので上手くいくことを願っています。兄は私を頼ろうとしないんです。自分でお金を稼いで結婚しようと考えています。でもそう言われたらもっとよくしてあげたくなります。気持ちわかるでしょ?
 
20代後半はどう過ごしたいですか?
今はまだ漠然としています。その間 一人で成長する機会が少なかったです。休む間もなかったですし。1、2ヶ月ほどでも余裕ができたら良いなと思います。その時間を割いてラップやダンスを習えば、歌手活動にも大きな助けになると思います。どう変わるか自分でも気になります。ときどき、何も特別なことをしていなくても作曲家の方々が「すごく上達した」と言ってくださいます。でも大衆の人々にはまだまだに見えると思います。みなさんが考えるラッパーとは違って私はすごく大衆的なラップをするじゃないですか。
 
音楽を分けるのは時代遅れなのでは?
そう聞くたびにすごくむしゃくしゃします。私も上手くなりたいし、違うラップにも挑戦したいです。でもポピュラー歌手なので型にはまっている部分も多いです。もっと努力して女性ラッパーとして成長したいと思っています。
 

f:id:vouschuchotez:20160416154150j:plain

 
男らしい人、年上の人が好きになりました  ソユ
 
今日の撮影には一番最後に来られましたね。
「ランニングマン」の撮影をしてから来ました。
 
今年は本当に「ソユの年」ですね。「Some」という歌も大ヒットして。
思いもよらず運が良くて幸せです。デビューしてから一番忙しいと思います。1日も休みがなくて朝は5時から始まります。まだ体力は持っていると思います。
 
歌だけでなくバラエティ番組でも出演交渉がトップクラスだとか。
まだまだです。それでも音楽的にありがたく思うのがソユのカラーが見つかったんだと思います。事務所に本当に感謝しています。それを通じてこれからより多様な音楽を出来ると思うととても幸せです。以前はバラエティ番組に出演したくてもあまりできませんでした。でも最近はトーク番組が増えていて、私が気さくな性格なので呼んでくださっているのだと思います。
 
「Some」という歌は今年の上半期最高のヒット曲だと思います。
大衆のみなさんは何か衝撃的なクライマックスのある曲が好きなのに、「Some」は無難な感じじゃないですか。なので最初聴いた時はつまらないと思われるかもと考えましたが、逆にその感性と、特に歌詞が時期的にぴったり合ったんだと思います。運が良かったです。
 
みんなソユに惚れ直しました。
ソユという人に対して特に音楽の話を始めたのはGeeksとの「Officially missing you, too」からだと思います。当時は声がいい感じ、くらいの反応でした。それからMad Clownオッパとの「Stupid in Love」という歌で素敵な声だと評価されて、「Some」で私のカラーを認めはじめてくださったのだと思います。
 
最近、ソユさんの男性ファンが多いです。人気が上がってきていますが、どこが魅力なんでしょうか。
よくわからないけど、書き込みを見ると体つき?(笑)健康的なボディの話をよくしてくださっていると思います。
 
好きな男性のタイプは変わりましたか?
もちろんです。最近はまず第一印象を重要視しています。イケメンでも不細工でもお互いにフィールが通じなきゃ。あと男性らしい人が好きになりました。年上だったら良いなと思います。
 
次の目標は?
万能エンターテイナーになりたいです。まだ若いからか、歌なしじゃ死ぬ、という覚悟はありません。その代わりしてみたいことはたくさんあります。演技もミュージカルもしてみたいし。何事も挑戦してみなきゃわからないし。いろいろ習って、みんな挑戦してみたいです。
 
f:id:vouschuchotez:20160416154505j:plain
 
f:id:vouschuchotez:20160416155232j:plain
 
愛嬌は本当にしたいときだけします  ダソム
 
連続ドラマ「愛は歌を乗せて」が終了しました。おもしろかったです。
8ヶ月間ほどの撮影で大変なこともたくさんあったけど、一言で最高の経験ができたと言えると思います。特に監督、俳優の先生方、同僚などに出会いました。なのでこのドラマで一番恩恵を受けたのは私ではないかと思います。
 
最後の撮影はどうでしたか。
生まれてから一番泣いた日だったと思います。撮影が終わってからみんなで済扶島に遊びに行きました。そこでもたくさん泣きました。もともと涙もろいけど、人前で泣くのは嫌いでした。でもそのとき流した涙は恥ずかしくなかったです。涙で良いから私の心残りのある、みんなを愛する気持ちを表現したかったんです。どんな形ででも。
 
お芝居に対する意欲が湧いてきているのが感じられます。
演技だけでなく、何でもやってみたいです。かっこよく、真面目にこなしたいです。以前はできませんでした。今より知名度も低くて、周りの顔色を伺うのに忙しかったので。でももう4年ほども続けているので、ずっと黙っていたら「静かな子」になってしまうということに気づきました。
 
目つきもずっと良くなりましたね。次はダソムさんの“時間”だと思います。
本当にまだまだですよ。これからがもっと重要だと思います。私にとっては、80段の階段の1段目を上った感じです。
 
「TOUCH MY BODY」大人気ですね。
私は人気や、何かに対するフィードバックを実感するタイプではないです。今も、SISTARというグループは上手くいっているけどSISTARのダソムという人はまだ何でもないと思っています。
 
謙虚ですね。
ありふれた言葉に聞こえるかもしれませんが、プライドは高いけど自信はないんです。どうやったら人気を時間できるんでしょうかね?
 
私の周りの男性たちは、ダソムさんが綺麗だと大騒ぎですよ。
あまり好かれてませんでしたよ?
 
どうしてそう思うんですか?
好かれてるんですかね?
 
人気のない人を地上波の連続ドラマの主人公にすると思います?
…。
 
10代後半でデビューして今まで、ガールズグループとして生活するのは大変ですか?
当然です。韓国の情緒が女性に厳しいじゃないですか。なのでいつも慎重です。その代わり、私たちは愛と有名税をもらいます。
 
お金もたくさん稼いで。
そうですね。そこも、同年代の人と比べて恵まれています。得るものもあれば失うものもあります。不便だけど、不満はないです。
 
好きな男性のタイプは変わりましたか?
前はおとなしい男性が好みでしたが、今は話の通じる少し年上の人がいいです。その人から学んだり、尊敬のできる人。一般人でも良いです。最近は本当に恋愛がしたいと思っています。
 
恋愛するには障壁が多そうですが。
芸術家に最もインスピレーションを与えるのは恋人だと思います。私の演技やダンス、ボーカルの先生もいつも私に恋愛しなさいとおっしゃいます。恋をしたらエンドルフィン、アドレナリンのような幸せな感情が感じられてもっと綺麗になるし表情も良くなると。それに何より生きた心地がするじゃないですか。
 
SISTARの末っ子としてはどうですか?愛嬌は多い方?
愛嬌は、本当にしたいときだけします。
 
コントロールできるんですね。
気分が良くてコントロールできないときだけするんです。
 
早くまた演技ができたら良いですね。映画も。
昨日短編映画を撮ってきました。
 
こんなに忙しい撮影の中で?
好きでやっている仕事なので全部できます。子どもの頃から映画にはとても興味があったんです。
 
好きな監督や映画は?
スタンリー・キューブリック監督やキム・ジウン監督が好きです。キューブリックの「シャイニング」という作品を見て映画マニアになりました。「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督も好きですね。人々の脳裏に焼きつく映画が好きです。
 

 
f:id:vouschuchotez:20160416155620j:plain
 
あとがき
いきなりdisられてて何だこいつと思いましたが、読み応えはある方かなあと思いました。4人で分量にばらつきがあったのが残念でしたがㅠㅠ あと、ボラさんのインタビューを訳すのは初めてだったのですが、第一声から脳内再生されて吹き出しそうになりました。NYLONもインタビューあるはずだから、楽しみ ✌︎
 

SISTAR ダソムとソユへのスイートな誤解(「Singles」2013年2月号)

SISTAR SOYOU DASOM 日本語訳 2013
純粋だがうぶではない。甘いが同時に手強い。華の21歳、22歳になったSISTARのダソムとソユは、それぞれ違う道で輝いている。
 
SISTARはアイドルではない。若くて可愛らしい容姿だけを武器にARに合わせて口を動かしそれらしく歌唱力を着飾るのがアイドルの定義だというのなら。SISTARはセクシーではない。胸の谷間を露骨に見せつけ、陰険な想像力を掻き立てる安っぽい歌詞を歌うことがセクシーさの正義だというのなら。現在、歌謡界でSISTARはアイドルらしくないアイドル、露骨でないセクシーさの象徴である。
 
歌手としての人生、練習生時代の辛い経験などは省いて20代前半の少女から女性へ変わりゆく過程にいる彼女たちを知りたかった頃、ダソムとソユに出会った。一人でバスに乗っているとイヤフォンの音楽の合間から声が聞こえてきた。その声は楽しそうで、音楽を止めて耳をそばだてた。何がそんなに面白くて深刻なのか、おしゃべりに夢中になる女子高生たち。スタジオに現れたSISTARのダソムとソユがスタッフたちと騒い出いるのを見ていると、その姿を連想した。そして知りたくなった。何をそんなに楽しそうに、真剣に話しているのだろう。

 

f:id:vouschuchotez:20160413164042j:plain

 

#アメリカーノとミルクティー
ソユとダソムを説明するのにこれよりも明確な言葉があるだろうか。ソユは厳しい寒さとは関係なくアイスアメリカーノを、ダソムは砂糖をたっぷり入れた温かいミルクティーを手にスタジオへ入ってきた。するとすぐにソユはレタリングタトゥーについてスタッフと真剣に討論を始めた。事務所からはするなら見えない場所にしろと言われたと不満をあわらにした。そしてソユがメイクをしに行くと、その間にダソムはひとしきり小さな騒動を起こした。ミルクティーを衣装にこぼしたのだ。
 
普通のティッシュではべとべとのままになると言うので水をつけて拭き取っていると、ダソムはいつの間にかスタイリストが持ってきた薄ピンク色の服に着替えてソファーに座っていた。頼んでいたピザが到着すると、すぐさま一切れを手に取り話し始めた。
 
「私はお花のプレゼントはあまり好きじゃない。贈り物は大切にしないといけないのに、花は枯れたらただの残りくずになって結局ゴミ箱行きでしょ」(ソユ)
 
「私のママもそう言うの。結婚記念日にパパがお花をプレゼントしたら何で買ってきたのって。クク」(ダソム)
 
すごい共通点を発見した大きな2つの瞳で、1つお姉さんのソユの言葉に不思議そうな顔で子供のように相槌を打つ。

 

f:id:vouschuchotez:20160413172108j:plain

 

#ソユは懐の深い現実主義者
精巧な顔つきを軽々と裏切るハスキーボイスに、背中一面にジョーカーが描かれた少し大きめのカーキ色のジャケット。ソユの魅力だ。一つのことに固執するよりは新たに挑戦することを好む。気に入れば男性用の服でも関係ない。必要なものなら買うし、不要なら買わない。芸能人だし何か値の張るもの1つくらい持っておかなきゃ、という考えからは遠い。
 
「私は現実主義者です。お花のプレゼントがあんまりなのも、実用性がないからです。自分がプレゼントするときも必要なものを贈ります。本人に聞いたり、会話の中で欲しいと言っていたものを覚えておいて買ってあげたりします」
自分が貰うときは求めたりせず、もらったものは受け取る。贈り物は相手の気持ちだという重要な事実はきちんとわかっている。
 
活動がない間 不眠症にかかったというが最近はどうか、と尋ねると「随分良くなったと思います。大丈夫です」と周囲を心配させないように気を使う。
 
「今度オンニたち(ヒョリンとボラ=SISTAR19)が活動しているとき、私は運動してダイエットする予定です。スケジュールがあるとどうしても後回しにしてしまうんです。もう新年ですから。オンニたちのアルバムが出たら、いつか私のアルバムもでるでしょう?前もって準備しておかないと。」
 
寂しさに執着するより、虚しさを何で埋めようかと悩む方を選んだ。
 
「昔から週末にはアルバイトをして過ごしていました。美容師の資格を取ったのは中学2年生のときでした。芸能人になりたかったけど、成功する保証はないでしょう。美容の分野にもとても興味があるし万が一に備えるなら関心のある分野にしようと考えました。」
 
賢く将来に向けた準備を進めた10代を送ったが、未練と後悔は残る。
 
「もっと数学を頑張っておけばよかった、英語もしっかり勉強しておけばよかった、とか。今は自分に必要なものがわかります。当時は友達ともあまり遊べませんでした。平日の放課後には美容学校に通って、週末にはいつもアルバイトをしていました。時間も遅いからそのあと友達と遊んだりできなくて残念でした。友達は今の私を見て『良いなあ』と羨ましがります。でも私はこう思います。みんなが遊んでる間私は一生懸命働いて、練習して今こうなった。だから私を羨む立場じゃない、って。」
 
早くから社会経験を積んでいるからか、経済観念もはっきりしている。ダソムはまるで実の姉を自慢するように「ソユオンニは質素です。ブランド物のバッグも買いません。」とソユの素朴さについて話す。
 
「誰かにプレゼントするのは良いけど、自分に高価な物は買えないです。ちょっと使ったら失くしてしまいそうで。」

 

f:id:vouschuchotez:20160415100806j:plain

 

“好きだというそぶりはみせるけど、自分から告白はしません。心はテレパシーで繋がってると思います。”
 
「私は妬みっぽいし、嫉妬深くて欲張りです。」
 
この堂々さはグループの末っ子に与えられた特権だ。しかしダソムのその特権の解釈は違う。
 
「みんな人よりたくさん手に入れたいけど、末っ子だから譲ってもらおうとは考えてません。むしろ『末っ子なんだから譲らなきゃ』と思っています。オンニたちが気に入った服や何かを持っていると『わあ 可愛い!』言う褒め上手です。ノルブ*1みたいに意地悪な欲張りじゃなくて、ただ自分の心に正直です。」
 
幼さの残る口調と表情いっぱいのダソムはもう21歳になった。彼女はシットコム「黙ってファミリー」で役者として活躍している。しっかりしていながらも友達には不良ぶる偽悪的なキャラクター ウ・ダユン役を不器用ながら立派にこなしている。丸く目を開けて「本当ですか?」を口癖としている姿は、“ダユン”よりもうぶで、実際同年代の歌手ダソムではなく20歳のダソムを投影しているかのような大人っぽさがある。
 
高価な外車に乗るダソムはアルバイトで小遣い稼ぎをする友達と合わないと感じる。
 
「私ではなく周りの人が判断することだと思いますが、デビューして2年ほど経って自分をコントロールすることができるようになったと思います。昔だったら泣いたり落ち込んだりすることでも今では『気にしないようにしよう』と考えて鈍感になっていったと思います。傷ついて腹が立つことにも慣れました。」
 
喜怒哀楽、そのどの感情をあらわにしても理解される年齢ではないのか、と聞くと「悲しい」と言いながらいぶかしげな反応を見せた。
 
「大人はみんなそうして生きているじゃないですか。社会で生きているといろんなことがあって、すべて自分の思い通りにはいかないでしょう。世界は自分中心で回ってないから。」
 
一般人でも自分を客観視するのは難しいのだから、幼い頃から事務所に守られて育った人たちにはなおさら難しいだろう。それでもダソムは本、テレビ、映画を観て熱心に自分の視野を広げている。最近はドキュメンタリー「最後の帝国」が面白かったとウキウキした声で話す。
 
「タイムマシーンがあったら、過去の自分ではなく先史時代に行ってみたいです。ほとんど文明の恩恵を受けることができなかった時代のことです。現代に私たちは3D・4D映画、ビデオ通話、メッセンジャーなどの文明の恩恵を全部受けたので、生まれたままの自然の状態で暮らしてみたいです。貨幣もなかった時代に。」
 
人間は何のために生きるのか、金なのか愛なのか、人生の価値を問いかける内容だったと興味津々の表情で熱心に説明する。
 
フィンランドのサウナには、風で沐浴する「風浴」というのがあると言うと「本当ですか?素敵」と大きな目をぱちくりとさせた。

 

f:id:vouschuchotez:20160415114539j:plain

 

“好きな男性の前では男の子、少年のようになります。友達みたいに気楽にアプローチします”
 
#ソユとダソムの恋愛本能
他のインタビューを読んでも、なかなか恋愛の話がない。可愛くて(「Shady Girl(가식걸)」)セクシーで(「私一人(나혼자)」)堂々とした(「So Cool」)女性として歌う彼女たちなのに意外だった。好きな男性にはどうやって接するのかと尋ねた途端、ダソムとソユの目が輝いた。その質問を待っていたかのようにダソムが話す。
 
「隠しません!あからさまに好きなそぶりをみせるわけじゃないけど、隠せないので相手に伝わるんだと思います。すごくよくしてあげるんです。その人が言うことをすべて気にして聞いて、小さなことまで全部覚えておくし、その人の頭からつま先まで細かく見ます。なのでその人も自然とわかるみたいです。残念ながらデビューしてからはそんな風に夢中になった人はいないです。」
 
相手の魅力はたくさん話をして頻繁に会わないとわからないのに、そういう人がいないのだという。
 
「私は好きだというそぶりは見せません。好きな人の前では男の子、少年みたいです。『好き』『会いたい』とか言えないんです。好きな人ができたらただ待ちます。友達や妹として仲良くして気楽に接します。あとで好きだったことがわかると『本当に?知らなかった』とよく言われました」(ソユ)
 
「私も告白は絶対しません。ただ気があることをみせるだけです。その人から告白されたら『本当?』と大きくリアクションして『面白いからもう一回言って』とお願いします』(ダソム)
 
濃い恋愛の高段者の匂いがするとからかうと、
「そこまでじゃないです。駆け引きとかはよくわかりません。告白は... 断られたら傷つくから、ただテレパシーで伝えます。ハハ。恋愛本能がある?うーん、そうなのかな?」 
 
短いインタビューをあとにして次のスケジュールに行かなければいけないとマネージャーが目配せすると、残念そうにソユが言った。
 
「もう、最初からこの話題にしなきゃ〜 やっと面白くなってきてたのに!(笑)」
するとダソムが「またしましょう!私たち、撮影もインタビューも好きです。」と指切りした。
 
そして「雑誌に書いておいてください。男性読者の方に、誘ってくださいって」と頼んだ。アイドルの中でも連絡先を渡さないことで有名なSISTARにしては果敢だ。
 
「連絡先ですか?一度も聞かれたことないですよ。オンニはあるの?」(ダソム)
「うん。ダソムはないの?」(ソユ)
「一度もない」(ダソム)
「....え?」(ソユ)
 
でも「Singles」は女性読者が多いはずですよ。
 
「あ... そうなんですか」(ダソム)
 
まるでピンポンゲームをするように会話のやりとりをした2人を見ていると、いつか成熟した姿で「愛する人ができました」という日が楽しみになった。その日が来たら、私はその勇気に拍手を送り心から祝福するつもりだ。
 

 

Twitter: @vouschuchotez

*1:韓国の昔話の登場人物で意地悪で欲張りな人。

SISTAR ソユ インタビュー(「GQ」2014年12月号)

SISTAR SOYOU 日本語訳 2014
今年、ソユは一人で現れた「島(ソム)」だった。

 

f:id:vouschuchotez:20160411154758j:plain
 
f:id:vouschuchotez:20160411155034j:plain
 
f:id:vouschuchotez:20160411155047j:plain
 
f:id:vouschuchotez:20160411155059j:plain

 

使えませんでしたが、小道具にお花を用意しました。紫のヒヤシンスです。
 
すごく綺麗ですね。今年はたくさんお花をいただきます。

 

先ほど撮影した写真を見て「本当にブスだ」とおっしゃいましたが。
 
何しろ芸能人には綺麗な方が多いですから。でも私もよく見ると実物は悪くありません。

 

2012年にはGQの”今年の女“にSISTARが選ばれました。その撮影時にも「ブスだ」とおっしゃっていたのが記憶に残っています。
 
今は外見のコンプレックスはそのまま受け入れています。ある先輩が、自分に対する書き込みは見ず他の人への書き込みを読むとおっしゃいました。私もそうしてみたのですが、完璧に美しい方も「ブスだ」と言われているのを見て、私が傷つく必要はないんだと思いました。

 

ソユの顔が好きな男性も多いですよ。
 
それは個人の好みでしょう。以前は現状に満足して生きていこうと思っていたのですが.... 整形していようがしてなかろうが、美人が一番だと思います。なので整形するか悩んでいます。でも事務所がすごく嫌うんです。実際、整形顔に飽きた方たちが私を好きなんだと思います。私は平凡で親しみやすいですから。

 

自宅も公開されたので、より親近感が湧きます。
 
MBC「私は一人で暮らす」の出演交渉を受けた時、家がバレないかどうかが一番心配でした。でもそれで不便だと感じるようなら引っ越せばいいし。女性芸能人は何か特別だと思われているじゃないですか。でも私たちも何ら変わりません。綺麗になるためには食べ物を我慢したり私のように運動しなくちゃいけない。一人だと寂しいと感じるし。今年は忙しすぎてそう感じる暇もありませんでしたが。

 

忙しい時の方が寂しくないですか?
 
眠る時間もありませんでした。あと、話ができる友達が多いので。

 

芸能人のお友達ですか?
 
以前は芸能人とあまり付き合いがありませんでしたが、今は良い人と悪い人の区別がつくようになったように思います。元々、ストレスがたまるとその出来事を全部話して発散しなくちゃいけませんでした。今は誰かに会ってくだらない話をします。今年は、幸せな出来事や良いことだけを考えても時間がもったいないということを悟りました。どうせ人生長くもないじゃないですか。気分が優れない時は、ワインを飲みながら音楽を大音量でかけてその憂鬱感を味わいます。

 

憂鬱なときは買い物しないんですか?今年購入したもので一番高額なものは?
 
今年は色々お金を使いました.... サンローランのバッグ。アメリカで買いました。韓国では売ってなくて。私は買い物するとき一気に買うタイプです。でも何かを買うよりは、自分に投資する方が好きです。ジムのパーソナルトレーナーも登録すると高いです。皮膚科もそう。

 

事務所持ちじゃないんですか?
 
自腹です。ブランド物にお金をかける芸能人もいますが、私は食べるものにお金を使います。今年は様々な方面で最善を尽くして管理しました。いつもカムバック前には運動を頑張ります。「TOUCH MY BODY」が発表されていきなり“ダイエット刺激画像”と私の画像が載せられたんです。プレッシャーになりました。私が太ったらがっかりさせてしまうでしょう。前から私のボディのロールモデルはメーガン・フォックスだったのですが、実際に目にするとすごく小柄でガリガリなんです。何だか裏切られた気分でした。だから気を緩めたらダメだと思いました。なので、どんなに疲れていてもジムに行って運動しようと努力しています。

 

今年、一番泣いた日を覚えていますか?
 
はい。(一息置いて)ある夏の日.... 人間関係が原因でした。

 

その人間とは、もしかして男性ですか?
 
恋愛は大雑把な方です。あまりイライラしたり嫉妬したりしません。

 

本当の恋をしたことがないのですか?
 
子どもの頃から成功することが最優先でした。私が上手くいけば、家族も幸せになれるし友達を助けることもできて、良い男性に出会う機会も多くなるでしょう?もし本当に好きな男性が能力に恵まれていなかったとしても、その人と一緒に暮らすこともできるし。堂々とね。何でも、上手くいっている時だけ選択の幅が広がるんだと思います。みずぼらしかったり、人の荷物になるのは嫌です。こういうスタンスなので辛くても忍耐強くスケジュールをすべてこなすことができるのだと思います。もともと我慢強いんです。新型インフルエンザだって自分で治したんですよ。

 

辛い時はそう言って。
 
3年ほど前は、ダイエットも人間関係も優柔不断でした。でもある時からきっぱりするようになりました。2年前は無欲でした。他の人がお先にどうぞ、というタイプでした。

 

SISTARの中で?
 
はい。でもSISTARの外でもです。今はやりたいことも増えました。私の人生の最後のターニングポイントはアフリカに行ったことです。ボランティア活動をしたからではありません。「女性 Women」という本を読みました。聞き慣れた言葉ですが、「自分が自分自身を愛さなければ人にも愛されない」という言葉が胸にしみてきたんです。それ以前には、頑張ってもうまくいかないからずっと否定的になっていました。

 

2年前、SISTARでのポジションを尋ねたときサブボーカルで良いとおっしゃりました。今ではソユがサブボーカルだなんて誰も考えていないはずですが。
 
「ラジオスター」で私がボラオンニより上だと言ったせいでめちゃくちゃ叩かれました。その前にいろいろ話していたのにカットされてしまって.... 今はみんな同じくらいだと思います。

 

以前は、「サブ」をとても強調していたので気の毒でした。
 
(両手指を伸ばしてみせて)4点にします。今年は10点満点中4点。あ、3点にしましょうか?

 

まだ不眠症ですか?
 
いえ、よく眠れています。
 

 

f:id:vouschuchotez:20160411155820j:plain

 

事務所もキーくん(SHINee)もソユちゃんの整形反対派💪🏼
 
大学の試験の日にインフルかかったけど病院行かずに練習したって話ㅋㅋㅋ
今じゃそうやって1つのエピソードとして話せるけど、
インフルは本当に危険だからそういうときは病院行ってください()
 
ネットからの引用なのでたぶんこれも途中までㅠㅠ
もうどこにも売ってないし公式アプリにも古くて掲載されてなくて....
違うページのスキャンはいっぱいあるのに😩
 

SISTAR ソユのハハホホ インタビュー② “SISTARに不和説?それは...”

SISTAR SOYOU 日本語訳 2014
f:id:vouschuchotez:20160327120942j:plain
 
からつづく 
 
Q. 歌手は子どもの頃からの夢でしたか?
 
A. はい。小学1年生の時に済州島からソウルに引っ越してきました。お母さんが済州島にある百貨店で貴金属店を営んでいたのですが、当時1週間に一度ソウルから芸能人が来てファンサイン会をしていました。Clon先輩がサイン会をしているのを見て、私も大きくなったらサインしてあげられる人になりたいと思いました。のちにそれが芸能人だということを知って、その中でも歌手になりたいと思うようになりました。

 

Q. 歌がとても上手かったんでしょうね。
 
A. ふふ。子どもの頃からこんなハスキーな声でした。小学生がこの声で愛国歌を歌っているのを想像してみてください。同じ歌でもハスキーだから上手く聞こえるんでしょう。みかん畑で歌を練習したりしていました。

 

Q. 滝の下ではなくみかん畑で得音した*1んですね。
 
A. うふふ。高校1年生の林間学校のときだったかな?司会の方が「ここにネガネットワークのチーム長がお越しだ。頑張れよ」とおっしゃるんです。友達と舞台に上がって歌ったんですが、「1年7組 カン・ジヒョン 残れ」という感じで何人か呼ぶんです。「芸能界に興味のない者は出て行って」と言うので座っていました。そのチーム長だという人が「君の歌が気に入った。うちの事務所のオーディションを受けてみろ」と言うので「詐欺じゃないですか?お金が要るというならいきません」と強がって、怖かったので友達と一緒に受けに行きました。そしたらなんと作曲家の方達がずらりと座っていらっしゃるんです。2AMのジヌンが同級生なのですが、CUBEエンターテインメントに紹介してくれて高2で練習生になりました。
 
f:id:vouschuchotez:20160327121016j:plain
 
Q. 4Minuteの練習生出身として有名じゃないですか。4Minuteとしてデビューしていたらもっと成功していたでしょうか?
 
A. うーん。4Minuteとしてデビューしていても良かったと思います。私はCUBEの1期生だったんです。女子の練習生は私とガユンオンニしかいなくて、2人で女性デュオとしてデビューすると思っていました。でも事務所は4Minuteというガールズグループを作って、どうしてか私は落ちて、STARSHIPへ移って(4Minuteより)1年遅くSISTARとしてデビューしました。このような過程の中で傷つかなかったと言えば嘘になります。でも、今、現在が重要ですから。

 

Q. 4Minuteを見るとちょっとあれな気分じゃないですか?
 
A. (4Minuteとは)ものすごく仲良いですよ。練習生時代をともに過ごしたので、表現しがたい固い情があります。私が楽屋からいなくなったらマネージャーが4Minuteの楽屋に探しに来るくらい。特にガユンオンニとはとても仲が良いです。

 

Q. SISTARの4番目のメンバーじゃないですか。正直言って、たくさん悔しい思いをしたでしょう?
 
A. 寂しかったです。ヒョリンオンニは歌、ボラオンニはバラエティ、ダソムはドラマとそれぞれ活躍していたのに、私だけ中途半端だったから。事務所から「ソユは何がしたいの?」と訊かれると、心の中で「一体何をしたらいいんだろう?」と思っていました。人にはそれぞれタイミングがあるじゃないですか。昨年Geeksとコラボして思っていたより反応が良くて驚いていましたが、Mad Clownオッパとも上手くいって、チョンギゴオッパとも上手くいったので戸惑っています。

 

Q. SISTARに不和説があるとか。4人が喧嘩すると車が揺れると噂されていますよ。
 
A. ウハハハハ。車が揺れる?ウハハハハハ。あ、ある作家さんが「ソユさん、お姉さんたちに喋らせてもらえないんだとか」と不和説をおっしゃっていました。授賞式で私があまり話さなかったので噂されたんだと思います。でもチーム内にも順序があるじゃないですか。先に全部言われたら「ありがとうございます。頑張ります」くらいしか特に言うことがないんです。4人の女子が同居してるのに、何もないわけがないでしょう。でも私たちは見ての通りみんなクールです。不満や引っかかることがあればそのとき全部話してぶちまける性格です。
f:id:vouschuchotez:20160327121046j:plain
 
Q. まだ宿舎生活なんですか?
A. はい。4人一緒に住んでいます。

 

Q. では食事はどうしてるんですか?自炊していますか?
 
A. はい。出前にも限界がありますから。私は見かけより料理が得意なんですよ。ヒョリンオンニのキムチ炒飯は美味しいです。ダソムはこれ作って、というタイプです。ボラオンニは作ってあったら何でも食べます。私はチョングッチャン(清麹醤)が好きなのですが、メンバーがにおいを嫌がります。

 

Q. (STARSHIPの)ソ理事が、ソユさんが初任給を住宅賦金にしているのを見てびっくりしたとおっしゃっていましたが、生活力が高いんですね。
 
A. ふふ。これからどうなるかわからないから、頑張って貯金しておかないと。子どもの頃からお小遣いは貰わず自分でアルバイトして生活していたので慣れました。お給料を貰ったら銀行で相談します。どんな商品が出たか聞いたりして。
 
f:id:vouschuchotez:20160327125254j:plain

Q. おー、すごいですね。通帳が12冊ずつあったり?
 
A. 一箇所に集めておかないと利子もつかないので、何冊もあったりはしません。最近は債権ファンドをしています。

 

Q. 一番の花嫁候補ですね。ところで何歳の時にアルバイトを始めたんですか?
 
A. 中学2年生のときに美容師の資格を取りました。ガソリンスタンド以外は全部経験したと思います。子どもの頃から経済観念は強かったように思います。

 

Q. 練習生のときもアルバイトしていたんですか?
 
A. はい。歌手になって成功する保証はないですから。生計を立てなきゃいけないし。でもある瞬間、しっかりオールインしなくちゃという確信?のようなものが生まれました。そのときアルバイトは全部整理して一生懸命練習に励みました。
 
f:id:vouschuchotez:20160327125408j:plain
 
Q. 抜け目ないですね。
 
A. (隣でマネージャーがネイルアートも上手だと言うと)あ、最近はタロットカードを習いました。3時間で全部覚えたんです。目で見て覚えるのが得意みたいです。ハハハ。

 

Q. 今度見せてくださいよ。
 
A. クク。はい。タロットカードで不思議なのは、芸能人が必ず選ぶカードがあるんです。同じカードでもその人に合わせて解釈するのがキーポイントだと思います。

 

Q. 恋愛したいとは思わない?
 
A. 昨年の年末までは毎日毎日寂しい、誰か紹介してとずっと歌っていました。でも本当に不思議なことに1月1日からは全くそう思わなくなりました。
 
f:id:vouschuchotez:20160327125455j:plain
 
Q. 年始から1位獲得して人気だから他の考えが出てこないんでしょう。今年の目標は?
 
A. ソユの知名度を上げること。SISTARも新たな姿をお見せすると思います。あ、時間があったらバリスタの資格も取りたいです。コーヒーが好きなのですが、ハートを描くのすごく難しいんです。
 
 
韓国のアイドルの給料制度は特殊で、デビュー後に売れて黒字になって初めて、それまで稼いだ分のお給料が貰えるのだとか。やっともらえた初任給なのに、将来を見据えて(?)現実的に管理するところが本当にすごい。。。。
 
もし100万ウォン貰ったとしたら、ヒョリンさんの場合すぐに使っちゃうけどソユさんは必ず半分(50万ウォン)は貯金するタイプだそう*2で。現実的〜
 

*1:得音(득음)・・・パンソリに必要な音色や発声技巧を体得すること。

*2:2013年7月30日放送「話神」より

SISTAR ソユのハハホホ インタビュー① “ブスだという書き込み、すごく傷つく”

SISTAR SOYOU 日本語訳 2014
f:id:vouschuchotez:20160326181121j:plain
 
SISTARは、プロデューサーの力量の重要さを見せてくれるチームだ。
 
個性の強い4人の少女たちをたった3年で最もホットなガールズグループへと育て上げた。トレンディな歌をぐっと引き抜く能力も卓越している上に、流行の流れを素早く読み取る賢さも備えている。また欲張りでもある。SISTAR19という最高のユニットを作り、歌謡界のユニット結成の流れを先導した。
 
さらに4人のメンバーたちの性格も見極め、それぞれに合うオーダーメイドの服も着せた。ヒョリン、ボラ、ダソムに続きソユも注目を浴びた。ガールズグループのメンバー全員が人気を集めることは容易いことではない。
 
STARSHIPエンターテインメントのソ・ヒョンジュ理事は「グループが人気になるとプロデューサーとしてまた新たな悩みが生じる。チームが終わってもメンバーたちが食べて生きていけるようにしてあげることまでが私たちの仕事だ。ヒョリンはボーカリスト、ボラはバラエティタレント、ダソムは役者へと変身させた後、ソユをどうすべきかが大きな課題だった」と話す。
 
SISTARの4番目のメンバーとしてこれまで気苦労の多かったであろうソユ(22)は最近、チーム内の‘最高の売れっ子’の座を手にした。今月2日に発表したチョンギゴとのデュエット曲「Some」で主要音源チャート1位を席巻した。昨年にはMad Clownとのコラボレーション曲「Stupid in Love」でトップの座に立った。信じて聴く(=信頼できる、心配不要な)‘新音源クイーン’と言っても申し分ない。JTBCのリアリティ番組「すごい夫の実家」では、バラエティタレントとしてのソユを再発見することになった。
 
他のメンバーはみんな人気を集めているのに私だけ競争で遅れをとっている、というような焦りや悔しさは消えた。ソユ自身は「‘コラボの女王’、このような修飾語のせいで負担感は100倍」と話しながらも、余裕をもってインタビューを消化した。
f:id:vouschuchotez:20160326181251j:plain
 
Q. 「Let it go」の独走を止めましたね。「Some」1位、おめでとうございます。
 
A. 1位は予想だにしていませんでした。「Let it go」がとても強いから。音源を正午に発表したのですが1位へ上がって行ったんです。あと1時間だけでも1位だったらいいなと思い寝て起きて何度も確認したんですが、まだ1位なんです。良い反応にとても驚いています。

 

Q. Geeks、Mad Clownに続き今回はチョンギゴですね。それぞれジャンルの異なるアーティストたちとコラボするのは気分も違うかと思います。
 
A. そうですね。歌の雰囲気が全然違いますから。Geeksとは放送活動はしませんでしたし。Mad Clownオッパとの「Stupid in Love」との活動はとても楽しかったです。SISTARで活動していると、ステージが終わったら、息を切らしながら「モニター!」「ティッシュ!」という感じでした。チョンギゴオッパとのステージも好きです。落ち着いたといいましょうか?女子だけだとどうしても慌ただしくてうるさいじゃないですか。チョンギゴオッパは年上だけど放送活動は初めてなので、私があれこれ教えてあげます。年上だからもしかしたら気分を害するかもしれないので、最大限よくしようと努力しています。それで控えめになりました。ハハハハ。

 

Q. SISTARの活動とはまた違う責任感が感じられると思います。
 
A. もちろんです。SISTARで活動するときは、ヒョリンオンニが歌が上手だから、また他のメンバーがいるから後ろ盾があるじゃないですか。でもコラボでのステージはやっぱり私への負担がとても大きいです。上手くいったからこその負担感も思っていたより大きいです。たくさん気も使いますし。

 

Q. SISTARのソユではなく、ソユという名前だけでアピールできるようになったのはいつ頃だと思いますか?
 
A. Mad Clownオッパとコラボして1位を獲ったときからだと思います。でもそのときは実感できませんでした。最近はそう強く感じています。多くの関心を持ってくださるので。以前には(インターネットの)私の記事にはコメントは2、3件だけでしたが、近頃は数十件あります。
 
f:id:vouschuchotez:20160326181419j:plain
 
Q. コメントは一つ一つ全部読むんですか?
 
A. はい。1つ残らず全部読みます。たくさん傷つきますが、悪質コメントも見方を変えれば関心ですからね。

 

Q. メンタルヘルスに良くないですよ。A型ですか?
 
A. いえ、O型です。根拠のないコメントは気にしませんが、共感できる指摘もあるんですよ。こんなところが残念だったと鋭く突いてくれるコメントは私が今まで思いもよらなかったことを気づかせてくれたりします。でも、ブスだというコメントは何度見ても傷つきます。私が自分で美人だと言ったことなんてないのに、どうして何度もブスだと言うのか理解できないです。

 

Q. こんなに綺麗なのにどうして?実際に会いに行ってあげたらどうですか?
 
A. ウハハハ。本当にそうしましょうか?

 

Q. じゃあ、ネット記事も全部チェックするんですか?
 
A. ええ。先日モクパン(먹방:テレビ番組で美味しそうに食べるシーン)の記事が70件以上出ていたのですが、1つ1つ読んで、良い記事を書いてくれた記者の方の名前はすぐに覚えました。フフ。
 
f:id:vouschuchotez:20160326181605j:plain
 
Q. ちゃんと記事を書かなきゃいけないですね。外見の話になったのでお聞きしますが、(ソユは)男性の理想のタイプではないですか?清純グラマースタイルじゃないですか。
 
A. (男性の理想のタイプが)そうなのかはわからないし、清純グラマーですか?私が?

 

Q. そうですよ。顔はツンと澄ましていて清純で、身体はグラマーだし。性格は気さくで猫をかぶったりしないし。男性が好きなスタイルじゃないですか?
 
A. (胸を見下ろしながら)でも痩せたので(ボリュームは)たくさん落ちましたよ。想像されているほどじゃないですし。衣装がタイトなのでそう見えるんだと思います。それと、胸がひときわ強調されている写真がたくさん撮られているのもあります。

 

Q. 医療の力を借りたとかは?
 
A. 絶対絶対ないです。うちの家系がこうなんです。お母さんとおばあちゃんはもっと大きいです。

 

Q. ウハハハ。わかりました。お年寄りも好きなスタイルですよね。
 
A. そうですね。お年寄りの方も応援してくださっています。外食に行くと気づいてくださって、「あらソユさん、番組見てますよ」とサービスしてくださるし、それは全部食べます。この間タクシーに乗ったのですが、運転手の方が私が助手席に座るやいなや「ソユさんこんにちは」とおっしゃったんです。ノーメイクだったのですごく驚きました。
 
f:id:vouschuchotez:20160326182005j:plain
 
Q. タクシー乗るんですか?
 
A. はい、よく乗ります。バスや地下鉄もよく乗ります。冬場はマフラーをしたらわからないみたいです。

 

Q. 自分で運転しないんですか?
 
A. はい。もともと免許はなかったんですけど、この前「すごい夫の実家」で取りました。せっかく道路走行までしたので取ったのですが、あまり車の必要性を感じられなくて。マネージャーが車を出してくれるし、そうじゃないときはタクシーに乗れば良いから。

 

Q. 良い「『すごい夫の実家』」に嫁入りしましたね。
 
A. はい。良いところに嫁ぎました。個人的にも番組に参加できてよかったし。スタッフの皆さんとも仲良くなれて。ソユと言うと、タフで強いようによくみられていましたが、番組を通してイメージが変わったようで嬉しいです。(義理の)ご両親もよくしてくださるし。お義母さんはときどき電話してくださって、ステージをモニターしてくださります。

 

Q. モクソユというあだ名もつきました。本当に美味しそうに食べますね。
 
A. 食べることが大好きです。歌うときはしっかり食べないといけないので好きなだけ食べます。番組を通して自分でも知らなかった癖を発見しました。食べる前に髪を結ぶんですね。完全に戦闘態勢で。あと何でも歯で噛みとる癖もあるし、あんなに舌鼓を打つなんて知らなかったです。

 

 
②へつづく 
 
何だよハハホホって(笑)

この約1年後には、ブスだってコメントには傷つかない、性格悪そうとか意地悪そうってコメントに傷つくって言ってたけど絶対どっちも傷ついてるんだよーㅠㅠ
ヒョリンさんの場合、書き込みも読むしそれに腹が立つこともあるけどお酒飲んだら忘れるとか (笑)
どっちにしろ読まないで欲しいけど気になる気持ちもわからなくもない....