beneath your beautiful

fangirling all day

SISTAR ソユ インタビュー(「COSMOPOLITAN」2016年4月号)追記+

‘所有’したいスタイルの主人公、ソユ

生まれ持った遺伝子と計り知れない努力により大人気の“몸매돌(スタイル+(アイ)ドル)”となったソユ。バリ島での休暇を最後に新たなスタートを切るという彼女の姿をCosmopolitanがカメラに収めた。
 
f:id:vouschuchotez:20160318123731j:plain
今回の撮影のために熱心に運動して作ったSライン。
 
f:id:vouschuchotez:20160318124700j:plain
普段はタイトな衣装よりもゆったりとした服を好んで着る。
 
f:id:vouschuchotez:20160318124831j:plain
ビーチビューでポーズを決める彼女。
 
f:id:vouschuchotez:20160318125019j:plain
腰からヒップへかけるボディラインはセクシーそのもの。
 
f:id:vouschuchotez:20160318125314j:plain
引き締まった太ももは絶え間なく行った脚の筋トレのおかげ。
 
f:id:vouschuchotez:20160318150912j:plain
 
しばらく見ないうちにすごく痩せましたね。いかがお過ごしでしたか?
 
デビューしてからは忙しくてまともに休むことができませんでしたが、この間は健康上の理由で不本意ながらしっかり休むことになりました。痛めた腰の治療もしながらしばらくの充電期間を過ごすことができたので、ご覧の通りすっかり健康になりました。

 

体を壊してもなお、憧れのスタイルドルの威厳を保っていますね。「スタイルいいね」という言葉は、デビュー前からよく言われていましたか?実際、どれだけ頑張って運動しても、全ての人がソユのようなスタイルになれるわけではないじゃないですか。
 
私は20歳*1でデビューしたので、一番練習していたのは高校生のときでした。そのときは、称賛よりは小言をたくさん言われていたように思います。当時はやせ細ったバービー人形のようなスタイルが人気で、体重が軽ければ軽いほどスタイルがいいと褒められていました。なので私のような筋肉質な人は絶え間なくダイエットするしかありませんでした。

 

具体的にはどのような努力を?
 
聞かないでください!一般的に知られている有名なダイエット法はみんな試しましたよ。20代前半だった頃は、私にはどんな方法が合うのか全く知らなかったんです。

 

私もダイエットで減量したことがあるので、体型管理の精神的な辛さはよくわかります。ダイエットと停滞期は切っても切れない関係と言ったところでしょうか?
 
本当にその通りだと思います!昔は、ダイエットをするというだけで憂鬱でした。そんな時にインターネットで「Photoshopだろ」「痩せても変わらない」という悪質な書き込みを見ると、どんなに努力してもファンに認めてもらえないという自壊感に陥ってすごく辛かったです。

 

ダイエットは自分との戦いだから、周りの人からの惜しみない称賛や激励が重要なのに....
 
以前は自分の気持ちを上手く表現できませんでした。なのでダイエットで憂鬱になったらそれが周りの人にも移ってしまうのではないかと思って、外出もせず一人で苦しんでいました。そのせいかダイエットをするたびに気分が落ち込んでいたんです。でもある時から、このままじゃダメだと思って方法を180度変えました。

 

現在は周りの人たちの助けも借りていますか?ダイエットするときは、オープンマインドがとても重要ですからね。
 
その通りです。なので今はダイエットをすることになっても一人で気苦労せず、みんなに「ダイエット中だから力を貸して」と話します。こうやって公表するとモチベーションにもなるので、以前よりも少し楽しくダイエットをするようになりました。

 

これがまさに(ダイエットの)達人の姿勢ですね。
 
ハハ。以前は運動をしていて辛くてもそれを表に出さずに我慢していましたが、今は何も考えずにわんわん泣きます。ひとしきり泣くと、何ともないことだということに気づくんです。

 

ダイエットをすることで、身体と同じくらい精神的にもとても成熟しましたね。最近も以前と同じように厳しい運動をしているのですか?
 
食べたらすぐに肉がつく体質ではありません。なので、普段は食べたいものを食べる代わりに、趣味としてスポーツを楽しもうと思っています。弾力がなくて細い身体は私は好きではないので。でも、カムバック前や今回のように撮影を控えている場合は炭水化物と塩分の摂取を控えながら運動に拍車をかけます。

 

それがスタイルドルの生活なんですね。しかし一方では、そのようなタイトルが負担になったりしそうです。
 
以前は自己満足のために運動していたのですが、いつからか「ファンの期待に応えなくては」と考え始めたので負担になってきています。周りからスタイルの秘訣をしきりに聞かれるので、気にせざるを得ません。

 

インターネットで「ソユのダイエットメニュー*2」はご覧になりましたか?
 
もちろんです。でもあれはすぐに痩せなければいけないときの応急処置です。運動をせずに食事を抜くだけでは弾力のない痩せた身体になるだけです。スリムながらもしっかりとした筋肉のついた弾力ボディになろうと思ったら、よく食べて、一生懸命運動しないと。
 

 

f:id:vouschuchotez:20160318145312j:plain
 
f:id:vouschuchotez:20160318145321j:plain
 
Kstyleさんあたりが翻訳記事出しそうだけど一応....
ずっと通知ONにして楽しみにしてた今回のコスモポリタンㅠㅠ
 

 

Bカットも〜🙆🏻
f:id:vouschuchotez:20160324095801p:plain
 
f:id:vouschuchotez:20160324095822p:plain
 
インタビューはこれ途中までだよね?買うか迷う😫
ネット記事に載ってるインタビューの続きはまた今度。
2016年3月24日追記
インタビュー全文掲載しました🙌🏼
メイキングまだなの〜??ㅠㅠ
 

*1:日本の年齢で18歳。

*2:アイユちゃんのメニューと一緒に定期的に話題になるこれ (笑)

f:id:vouschuchotez:20160324085205j:plain

朝:茹でたさつまいも 1つ
昼:ゆで卵 3つ + パン 1切れ
晩:海苔巻き 3切れ
 
うずらの卵の白身4つと牛乳1杯ver.も。。。。

SISTAR ソユ インタビュー(「ESQUIRE」2015年7月号)

“ソユとカン・ジヒョン”
 
f:id:vouschuchotez:20160317230308j:plain
 
私たちのよく知る “ソユ” そして
私たちのよく知らない “カン・ジヒョン”。
この2人は同じであり全く違う女性である。
 
f:id:vouschuchotez:20160317230826j:plain
 
f:id:vouschuchotez:20160317230841j:plain
 
f:id:vouschuchotez:20160317230859j:plain
 
“カン・ジヒョン”はSISTAR ソユの本名だ。セクシーなソユの服を脱ぎカン・ジヒョンへと戻った彼女が、私の目の前に座っていた。
 
昨年はSISTARからしばらく抜け出しコラボレーションアルバムで最高の一年を送り、最近は「Get it beauty 2015」のMCとして活動している中で、私たちはソユをもう少し知ることになった。
 
私たちの知っているソユは、ハスキーな声で歌を歌うセクシーな女性だ。
 
そのような事実から考えると、私たちの想像するソユは、華やかで気が強く、はっきりと物を言う女性だ。
 
「よくそう言われます。強そうだと。もちろん力は強いです。ハハ。でもまず、私は優柔不断で、話をしていてもはっきりと答えるのは苦手です。恥ずかしがり屋だし。さっき撮影で着たような衣装は本当に恥ずかしいです。」
 
ソユとカン・ジヒョンは少し違う人間だ。ソユの強いイメージのほとんどは、彼女の努力によって作られた幻想に過ぎない。
 
「そういうイメージを持っていただけてありがたいです。気が強いのと意地悪なのは違うじゃないですか。“健康的で、何にでも熱心に取り組む”。そういう意味での強い女性、かっこ良くないですか?そう見られたい、そう見られなければいけないという責任感のようなものがあるように思います。」
 
20代を生きたいカン・ジヒョンは少し不安がっている。
 
「同年代の子たちがしていることができないから不幸なのではなく、多忙なせいで幸せな瞬間を感じることができずに過ぎていってしまうのではないか、と不安です。恋愛や合コン、親睦旅行も経験したいけど、それができないのは別に良いです。私が選んだ道ですから。でも、嬉しいことがあったときや耐えられないくらい悲しいとき、次の日のことなんて考えずに心の向くままに過ごしたいときがあるじゃないですか。そういう感情を抑えなければいけないのが残念です。まあどうすることもできませんけどね。」
 
数日前にメンバーとボーリングに行ったのがすごく楽しかった、と話す素朴な少女でもある。
 
「SISTARのデビュー5周年記念日だったんです。練習を早めに切り上げてメンバーとダンサーたちと一緒にボーリングに行ったんですが、とても幸せでした。私も普通の女の子でしょ?」
 
一人で漢江へ行って音楽を聴いたり、無計画に道を歩き回ったりもする。舞台から降りた彼女は私たちと何ら変わらない平凡な日常を送る。
 
最近、順調だった彼女の生活に緊張感が広がり始めた。じきに発表されるSISTARの新しいアルバムが原因だ。カン・ジヒョンは再びSISTARのソユへと戻る。
 
「今回は、セクシーであると同時に可愛い雰囲気のキャラクターです。ファンキーだけど楽に聴くことのできる歌に、簡単に真似できるダンス。たくさん愛されるでしょうか?上手くいくでしょうか?」
 
久しぶりの4人での活動が楽しい、とも話す。
 
「メンバーと一緒に活動すると気を遣うことも増えるけど、一人よりもずっと気が楽だし心強いです。SISTARでの私の役割ですか?うーん、例えばこうです。誰かがハンバーガーが食べたいと言い、誰かがチキンを食べたいと言ったとします。そういうときに、どちらか一方に“譲って”と言う役です。あるいは、“じゃんけんで決めて”という役。ハハ。」
 
 
f:id:vouschuchotez:20160317230906j:plain

 

今回の衣装はブラックでシックな感じが好き〜 ♡
よく見るとかなりセクシーだけど (笑) 最後とか普通に水着。
インタビューは新しい情報はなかった上に思いのほか短くてがっかりㅠㅠ
 

SISTAR ソユ & ヒョリン インタビュー(「VOGUE GIRL」2013年4月号)

 
“SISTAR ソユとヒョリン、最高に無遠慮な2人。”
 

http://mblogthumb3.phinf.naver.net/20130415_10/celine1117_1366003741370lCAUp_JPEG/1.jpg?type=w2

ソユ:Jil Sander Navyのシャツ、Zadig & Voltaireのジャケット、H&Mのパンツ。

ヒョリン:H&Mのジャケット、スカート、ネックレス、Ann Demeulemeesterのシューズ。

 

http://mblogthumb1.phinf.naver.net/20130415_164/celine1117_1366003741987RQbFf_JPEG/2.jpg?type=w2

Bombyx M Mooreのレーストップ、Tomboyのスカート。

 

 

http://mblogthumb4.phinf.naver.net/20130415_79/celine1117_13660037425572B2Ql_JPEG/3.jpg?type=w2 

Andy & Debbのジャンプスーツ。

 

“前回お会いした時、紐つきの白いジャージーワンピースを見たヒョリンの第一声は「何これイエス様?」でした。今日の衣装はどうでしたか?”

ヒョリン:今日は魔女みたいでした(笑)箒さえあれば飛んでいけそうな?
ソユ:私は前回から不満があるんです。すごく素敵な衣装なのに、一度しか着られないじゃないですか。私は最初のジャンプスーツがとても気に入ったのに...
 
“胸のラインが露骨すぎてとても着られなかったでしょう(笑)”
 
ソユ:そうなんです。すごく残念。
ヒョリン:そういうのは家で着て。私はお腹の手術痕のせいでビキニを着られないんです。だから家で着ています。

 

“ヒョリンは番組収録のスケジュールがあり、この撮影に来られない可能性もあったとか。”
 
ヒョリン:はい。幸いなことに収録がキャンセルになりました。ソユと2人で撮影をするのは初めてなので是非したかったんです。普段メンバー4人で撮影すると、私はボラオンニと、ソユはダソムと一緒に撮るんです。でも私と一番息が合うのはソユなんですよ。

 

“昨年末にソユはGeeksの「Officially Missing You」のフィーチャリングに参加しました。ヒョリンの陰に隠れていたソユのボーカルの実力が改めて注目を浴びましたね。”
 
ソユ:SISTARのボーカルはヒョリンオンニしかいないと思っていた方たちが、「あの子も下手じゃないんだな」と感じられたのだと思います。歌が良かったので良い評価を受けたんでしょう。私のハスキーな声を引き立ててくれる歌で良かったです。
 
“2人のボーカルのスタイルを強いて区別するならば、ヒョリンはパワフルで、ソユは感傷的じゃないですか”
 
ソユ:強いて分けるならばそうですね。普通、バラードが得意なボーカルはダンス音楽はできないと思うじゃないですか。でもヒョリンオンニは抜け目がなくて、私はちょっと...
 
“「Officially Missing You」の音源が発表された時、ヒョリンの反応が一番気になったのでは?”
 
ソユ:私は歌で何かしたときは、まず一番にヒョリンオンニに聴かせます。 
ヒョリン:でも聴いてるとき集中しない(笑)
 
“ヒョリンがどう反応するか、怖くないですか?”
 
ソユ:いいえ。私が頼んで聴いてもらってますから。私は自分の歌の欠けている部分をわかっているので、アドバイスをもらえると嬉しいです。私が不安に思っている部分を指摘されると、「やっぱりそうか」と思います。「Officially Missing You」では、アドリブの部分で音が外れたところがあって、それ以外は良いと思うと言ってくれました。
ヒョリン:ソユにそうやって言うのは、私が完璧主義者だからです。自分のレコーディングのときも、満足が行かなかったら何度でもやり直します。
 
“ヒョリンはメインボーカルで、ソユはサブボーカル。そのポジションのせいで...”
 
ソユ:残念じゃないかって?私は何度もその質問を受けるのですが、その度にこう答えています。SISTARがここまで来ることができたのは、メンバーがそれぞれのポジションで最善を尽くして来たからだと。誰一人欲張ったりしなかったので、大きな問題もなく来れたのだと思います。

 

“デビューから1000日が過ぎました。2人の出会いからはどのくらい経ちますか?”
 
ヒョリン:4年半?
 
“お互いの第一印象はどうでしたか?
 
ヒョリン:ソユはすごく可愛かったです。私は自分と違うイメージの人が好きなんです。私は強い印象だとよく言われるので、おとなしそうな顔が好きで、私とは違う声を聞くのも好きです。話をするまではソユは本当に可愛かったです(笑)
 
ソユ:私は会う前にヒョリンオンニのことを聞いたことがありました。歌がすごく上手だと。でもいざ会ってみると、体も顔も小さくて。「あんなに小さいのに、どれほど歌が上手いんだろう?」と思いました。歌が上手い人って特有の骨格があるじゃないですか。
 
“2人の気が合うとわかったのはいつ頃?
 
ヒョリン:SISTARは4人とも気さく*1でさばさばしているんです。でもその中でも私とソユが一番気さくです。
ソユ:末っ子のダソムは、ヒョリンオンニの冗談を受け入れるのにすごく時間がかかりました。ダソムはもともと気が小さくて、ヒョリンオンニが意地悪な物言いをすると傷ついていたんです。ボラオンニはヒョリンオンニより年上なので、私やダソムにするようにいたずらしたりはしていませんでした。あと、私は歌に関してヒョリンオンニに尋ねることが多かったので、必然的に一緒に過ごす時間が多かったです。
ヒョリン:私たちは服の趣味も似てるんです。
ソユ:ときどきショッピングに行ったとき、ヒョリンオンニが「ねえソユ、これ一緒に着よう」と言うと、「いいよ」と答えます。
ヒョリン:私は好きな人と同じ服を着るのが好きなんです。逆に嫌いな人と服がかぶるのは大嫌いです。
 
“同じ服、違う雰囲気?
 
ソユ:着る服が同じでも、ヒョリンオンニはスニーカーを履きますが、私は服に合わせた靴を履くのが好きです。
ヒョリン:ときどきお見合いに行くみたいな格好をしてるときもあります。目一杯お洒落して出かけるのに、行き先を聞くと大したことなかったり。
ソユ:気分転換ですよ。

 

http://mblogthumb1.phinf.naver.net/20130415_184/celine1117_13660037432197LI9t_JPEG/4.jpg?type=w2

Saint Laurentのドレス、シューズ、ハット。

 

http://mblogthumb3.phinf.naver.net/20130415_178/celine1117_1366003744063bXBWS_JPEG/5.jpg?type=w2

Ann Demeulemeesterのベスト、Jain Songのパンツ。

 

“ボラとダソムのスタイルで、理解できないところがあるとしたら?

ソユ:ダソムはとてもシンプルなスタイルが好きです。例えば、Tシャツが一枚あったとします。今持っているものとすごく似ているのに、肩の装飾がほんの少しでも違うと買うんです。それを見て私たちは「何でまた同じのを買ってるの?」と思います。ボラオンニはミックスアンドマッチ*2が好きみたいですけど、たまにアイテムが合っていないときがあります。

“ミックス(アンド)マッチじゃなくてミスマッチ?

ヒョリン:全くその通りです。

 
“男性のタイプはどうですか?
 
ヒョリン:共通点を探すとすれば、私たちは2人とも頼もしい男性が好きな方です。
ソユ:運動をしてる人としていない人の肉付きは違うじゃないですか。
ヒョリン:反対に、すごく痩せている人はあまり好きじゃないです。あと肌が荒れている人?とにかく、自己管理をしてなさそうな人は好きじゃないです。
ソユ:私は個人的に何かをじゃらじゃらとつけて歩き回る人はタイプじゃないです。

 

“以前ラジオ番組でお二人がDestiny’s Childの「Stand up for Love」を歌っていたのをみると、ユニット活動も期待できますね”
 
ヒョリン:普段ソユとやってみたい音楽についてよく話します。なのになぜまだユニット活動ができていないんでしょう?私もわかりません(笑)もしユニットを組むことになったら、今のSISTARとは全く違うスタイルをお見せしないと。もっとボーカルに重点を置いて。コンセプトは... 私たちは強烈なものが好きです。
ソユ:弱々しいのは嫌いです。
ヒョリン:白いドレスを着て(ポカリスエットのCMソングを歌いながら*3)♪ ナナナナナナナ〜 みたいなのはできないと思います。
 
誰もお二人にそういうものは期待してないと思います(笑)2人のユニットができたら、すごい人気になりそうですね。最近、ソユを好きな男性がだんだん増えてきているそうです
 
ソユ:本当ですか?ブスだと言われてたくさん傷つきました。なので最近は一生懸命管理しています。運動も頑張って。
ヒョリン:ソユは綺麗でしょ?私はみんなが「綺麗だ」という基準がわかりません。実際私は綺麗な顔じゃないけど、人によって見る目は違うから私が綺麗だと思う人もいるかもしれないじゃないですか。なのに芸能人の顔にあれこれいう人達には一言言いたいです。私は歌を歌うために、ステージに立ちたくて、この仕事を始めたのに、最近はだんだん自分の容姿に自信がなくなってきて歌えないです。人と目も合わせられません。
 
ストレスを受けても、顔をいじったりはしないで。さっき撮影していたときもおでこに何か入れなきゃと何度も言っていたじゃないですか
 
ヒョリン:明らかにお直しするよりは、少しずつ綺麗になる施術くらいで(笑)
 
ブスだとか何だとか言われても、CFのラブコールはガールズグループの中でSISTARが一番のようですが。広告主はなぜSISTARを求めるんでしょう?
 
ソユ:ギャラが安いから?(笑)
ヒョリン:正直言うとわかりません。「SISTARが人気な理由は何だと思う?」と聞かれてもどう答えればいいかすらわかりません。ただ、私たちが撮るのは面白い広告がほとんどなので、そういうものにSISTARのイメージが合うのかな、くらいです。
ソユ:私たちの広告は「私、可愛いでしょ」と言いうようなものじゃないでしょう。活発なグループのイメージのおかげだと思います。

 

最後に。イエス様の服も魔女の服も着てみましたが、次はどんなスタイルに挑戦したいですか?
 
ヒョリン:“U-Go-Girl*4”スタイル?めちゃくちゃファンキーな感じで撮りたいです!
ソユ:私はさっきの衣装がまだ引っかかっています。いつになったらあんな大胆な衣装を着られるでしょうか?
 

 

この2人の組み合わせ好きだな〜 ♡♡
あと、メンバーの第一印象と言えばこれ (笑)
 
“SISTAR ヒョリン、ボラの第一印象は「田舎から来た人」”
 
この日ヒョリンは、SISTARメンバーの初対面の印象を聞く質問に、「皆いい印象だった」と答えた。
 
続いてヒョリンは「ソユは女性らしく、可愛かったし、ダソムもすごくかわいかった」と具体的に話した。
 
ヒョリンが他のメンバーを褒めたことでボラは期待に満ちた声で「私は?」と可愛く聞いたが、ヒョリンは「ボラ姉さんは、田舎から来た人みたいだった」と話し、笑いを誘った。
 

ソウル生まれなのに.... キャンパスクイーンなのに.... 子どものときは引越しを繰り返してたらしいけど、明知大生だったんだから少なくとも練習生の間はずっとソウルに住んでたはず。どこから田舎の雰囲気がㅋㅋㅋㅋ
 
参考:キャンパスクイーン時代のボラさん(2009年)
http://artsimg.mk.co.kr/paper/data/news/images/2010/04/1_L_1272459634.jpg
かわいい!

 

Twitter: @vouschuchotez

*1:原文では「털털하다」。「気さく」「大らか」といった意味。

*2:ファッションのコーディネーションの方法の一つで、服の感覚をある部分では合わせ、またある部分では違ったものにし、 一つのスタイルにまとめ上げること。

*3:たぶんこういうイメージ☞ 2001 포카리스웨트 우체통편 - YouTube

*4:おそらくこれ☞ Lee Hyo Ri (이효리) - U-Go-Girl (유고걸) (With. 낯선) - YouTube

【日本語字幕】5分で笑いを届けます「OVEN RADIO」SISTAR編

公式で日本語字幕が利用可能な動画②

「OVEN RADIO」SISTAR編

 

Oven Radio ほんとに好きで、外で勉強して一人でご飯食べるときとかしょっちゅう観てた(笑) どれも5分ちょっとなのに その分上手く編集されてるからトントン拍子で進むし笑いがぎゅっと凝縮されてて面白い😎

 


OVEN RADIO(오븐라디오) Ep.1: SISTAR(씨스타) _ Touch My Body(터치 마이 바디) [ENG/JPN/CHN SUB]

1日目:ヒョリンさんは占いとか心理テストとか信じなさそうなイメージなんだけど実際どうなんだろ。逆にタロット占い師のソユさんやAB型が理想のタイプ(←は?)とか言うダソムさんはめちゃくちゃ信じてそう(笑)

 


OVEN RADIO(오븐라디오) Ep.2: SISTAR(씨스타) _ OK GO!(오케이 고!) [ENG/JPN/CHN SUB]

2日目:韓国のバラエティ番組で面白いのがテロップ。めちゃくちゃ細かいから画質悪いと読めなかったりするんだけど、細かい分 手が込んでてより笑わせてくれる(笑) この回で個人的にツボだったのがダソムさんに対する「돌고래?(イルカ?)」🐬 字幕だと全部訳されてなかったりするけど、このシリーズはほぼ全部訳されてて感動!

そしてソユちゃんがゲームごとに勝ってるのが見慣れない感じ😂 ラジオでもお便りが聞き取れなかったり話についていけてなかったり、발바닥ゲームに負けて召使いになったり.... 歌もダンスもメイクも運動も料理もできるのにちょっと抜けてて運が悪いとこがまたかわいい(溺愛)

 


OVEN RADIO(오븐라디오) Ep.3: SISTAR(씨스타) _ Wow(와우) [ENG/JPN/CHN SUB]

3日目:ソユさんは済州島で生まれて小1でソウルに引っ越して小5まで夏休みは済州島で過ごしたそうな。以前にも披露してたこの方言のフレーズは「お弁当 温かいうちに早く食べて」という意味だそう。普段方言が出てしまうことがあって、そういうときダソムさんは変なフレーズばっかり覚えるらしい(笑)

p.s. この日のボラさん好き。そしてソユさんの、一貫してCrying(とLoving U)推すとこ良いわあ👍🏼 Loving Uはほんとに観てるこっちが楽しくなるくらい楽しそうなMV☺️

 


OVEN RADIO(오븐라디오) Ep.4: SISTAR(씨스타) _ But I Love U(벗 아이 러브 유) [ENG/JPN/CHN SUB]

4日目:名前の後ろの字で呼ぶの好き〜 아이유は이유、다솜は솜、소유は유。あとボラさんの、年齢を理由にソユさんに男近寄らせないの何なの(爆笑) チョン・ヒョンム氏に対しても「年齢が高いからソユはあげられません」って言ってたしㅎㅎ それから!CFじゃないけどジーンズの広告は達成できましたね👏🏼 あとどこのメーカーでもいいからヒョリンさんに焼酎の広告やらせてあげて(笑)

 


OVEN RADIO(오븐라디오) Ep.5: SISTAR(씨스타) _ Sunshine(선샤인) [ENG/JPN/CHN SUB]

5日目:キーソユ👌🏼「아니 그래가지구」は口癖なのかㅋㅋ にしてもソユさんはどこいってもいじられキャラなのね(爆笑) 91ラインまた集まって欲しいな〜 あといつもの、「自分でやっといて照れる」ソユさんまじ好き(笑) 自他共に認める恥ずかしがり屋なのに、バラエティ番組でもやるときはやるとこ、かっこいい。

宿舎で火事が起こったらSISTARはどうする?

4年前にSISTARの宿舎でぼやが出た話

が面白すぎたので、

その時の記事を和訳してみました。

 

SISTARの宿舎で火事が起こった?

 

今月25日、ソウルハイヤットホテルでの記者会見でSISTARのメンバー・ダソムが「最近新しい宿舎で小さな火事が起こった」と、笑い事ではない出来事を明らかにした。

 

ダソムによると、メンバーたちは時々夜食を食べるのだが、ある日宿舎で休んでいるとどこからか焦げた匂いがすることに気がついた。だが彼女たちは「夜食の焼き餃子が焦げたのかな」と深刻に考えなかった。

 

しかし匂いは次第にひどくなっていき、正体不明の煙まで出てきたのでメンバーたちは原因を突き止めに行った。その匂いはオーブンから出ていたものだった。引っ越したばかりで一度も使ったことがないオーブンをソユが本人も知らぬ間に作動させてしまったのだ。

 

そのためオーブンの中に入っていた取扱説明書がめらめらと燃え上がり、オーブンを開けるやいなやひどい煙が流れ出て部屋中が煙たくなった。この緊急事態がメンバーたちのそれぞれの性格をあらわにした。

 

末っ子のダソムはパニックに陥った。部屋を包み込む煙と燃え上がる火に驚いたダソムは、窓を開けて「助けてください」と叫んだ。説明書が焼けただけの小さな火事だったものの、末っ子らしいかわいい行動をみせた。

 

不本意にも放火犯(?)になったソユは、落ち着いて水を汲んで来てオーブンの中の火を消し、火事を鎮圧した。

 

当時のボラの行動に関しては当事者のボラとダソムの証言が食い違った。

ダソムは「ボラオンニはソユオンニの後ろでどうすることもできずただ足踏みをしていた」と回想したが、ボラ本人は「水を汲んできて火を消すのを手伝った」と反論し、笑いを誘った。

 

ヒョリンは彼女特有の陽気な性格を光らせた。

オーブンの中で起こった小さな火事を見てテンションが上がり、すぐに携帯電話のカメラで撮影した

 

ヒョリンは「実際には火事でもなんでもない小さなハプニングだった。テンションが上がって携帯電話を取ってきてあれこれ撮った」と言い会場を笑いに包んだ。

 

・・・バカなのかな?^^ 

にしてもヒョリンさん、さすがです。

 

そしてその一部始終を素晴らしく的確に

表現された漫画がこちら(※拾い画)

f:id:vouschuchotez:20160213233533j:plainf:id:vouschuchotez:20160213233550j:plainf:id:vouschuchotez:20160213233603j:plainf:id:vouschuchotez:20160213233617j:plainf:id:vouschuchotez:20160213233629j:plainf:id:vouschuchotez:20160213233641j:plainf:id:vouschuchotez:20160213233727j:plainf:id:vouschuchotez:20160213233740j:plainf:id:vouschuchotez:20160213233753j:plainf:id:vouschuchotez:20160213233809j:plainf:id:vouschuchotez:20160213233821j:plainf:id:vouschuchotez:20160213233841j:plainf:id:vouschuchotez:20160213233903j:plain

이차가공(클럽) 죄송합니다

 

私はこちらの漫画を先に見たので

イメージとしては

 

大パニック→ボラさん

パニック→ソユちゃん

火消し人→ヒョリンさん

 

だったのですが、大外れ(笑)

 

何はともあれ、大事にならなくてよかった。

【日本語字幕】SISTARがひたすら食べます 「順位は私が決める」

公式?で日本語字幕が利用可能なSISTARの動画①

「順位は私が決める(순위는 내가 정하다)」

먹방と言えばSISTAR~!

 

第一回:大食いソユちゃんの辛い料理食べ比べ

個人的ハイライトはダソムちゃんとヒョリンさん

 

第二回:韓牛博士ダソムちゃんの部位食べ比べ

ソユちゃん本能むき出し(爆笑)

 

第三回:せっかちなヒョリンさんの出前料理食べ比べ

すぐに気が変わるみたいです。

 

第四回:前回まで空気だったボラ姉さんのコンビニお菓子(?)食べ比べ

お菓子は一つもありません。

 

SISTARと食べ物は最強の組み合わせ。

 

Twitter: @vouschuchotez

【日本語字幕】SISTAR はじめてのVアプリ



ヒョリンさん、ソユちゃん、ボラさんのVアプリ

日本語字幕を付けてアップしました^^

便利な世の中ですよほんと....

 

Twitter: @vouschuchotez

【日本語字幕】意地悪なソユ?(SISTAR)



8月12日放送のOnStyle「Get it beauty 2015」(LA特集)

の1シーンに日本語字幕を付けてアップしました^^

둘이 더 못 되네요ㅋㅋ

 

Twitter: @vouschuchotez