読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

beneath your beautiful

fangirling all day

SISTAR ソユのハハホホ インタビュー① “ブスだという書き込み、すごく傷つく”

SISTAR SOYOU 日本語訳 2014
f:id:vouschuchotez:20160326181121j:plain
 
SISTARは、プロデューサーの力量の重要さを見せてくれるチームだ。
 
個性の強い4人の少女たちをたった3年で最もホットなガールズグループへと育て上げた。トレンディな歌をぐっと引き抜く能力も卓越している上に、流行の流れを素早く読み取る賢さも備えている。また欲張りでもある。SISTAR19という最高のユニットを作り、歌謡界のユニット結成の流れを先導した。
 
さらに4人のメンバーたちの性格も見極め、それぞれに合うオーダーメイドの服も着せた。ヒョリン、ボラ、ダソムに続きソユも注目を浴びた。ガールズグループのメンバー全員が人気を集めることは容易いことではない。
 
STARSHIPエンターテインメントのソ・ヒョンジュ理事は「グループが人気になるとプロデューサーとしてまた新たな悩みが生じる。チームが終わってもメンバーたちが食べて生きていけるようにしてあげることまでが私たちの仕事だ。ヒョリンはボーカリスト、ボラはバラエティタレント、ダソムは役者へと変身させた後、ソユをどうすべきかが大きな課題だった」と話す。
 
SISTARの4番目のメンバーとしてこれまで気苦労の多かったであろうソユ(22)は最近、チーム内の‘最高の売れっ子’の座を手にした。今月2日に発表したチョンギゴとのデュエット曲「Some」で主要音源チャート1位を席巻した。昨年にはMad Clownとのコラボレーション曲「Stupid in Love」でトップの座に立った。信じて聴く(=信頼できる、心配不要な)‘新音源クイーン’と言っても申し分ない。JTBCのリアリティ番組「すごい夫の実家」では、バラエティタレントとしてのソユを再発見することになった。
 
他のメンバーはみんな人気を集めているのに私だけ競争で遅れをとっている、というような焦りや悔しさは消えた。ソユ自身は「‘コラボの女王’、このような修飾語のせいで負担感は100倍」と話しながらも、余裕をもってインタビューを消化した。
f:id:vouschuchotez:20160326181251j:plain
 
Q. 「Let it go」の独走を止めましたね。「Some」1位、おめでとうございます。
 
A. 1位は予想だにしていませんでした。「Let it go」がとても強いから。音源を正午に発表したのですが1位へ上がって行ったんです。あと1時間だけでも1位だったらいいなと思い寝て起きて何度も確認したんですが、まだ1位なんです。良い反応にとても驚いています。

 

Q. Geeks、Mad Clownに続き今回はチョンギゴですね。それぞれジャンルの異なるアーティストたちとコラボするのは気分も違うかと思います。
 
A. そうですね。歌の雰囲気が全然違いますから。Geeksとは放送活動はしませんでしたし。Mad Clownオッパとの「Stupid in Love」との活動はとても楽しかったです。SISTARで活動していると、ステージが終わったら、息を切らしながら「モニター!」「ティッシュ!」という感じでした。チョンギゴオッパとのステージも好きです。落ち着いたといいましょうか?女子だけだとどうしても慌ただしくてうるさいじゃないですか。チョンギゴオッパは年上だけど放送活動は初めてなので、私があれこれ教えてあげます。年上だからもしかしたら気分を害するかもしれないので、最大限よくしようと努力しています。それで控えめになりました。ハハハハ。

 

Q. SISTARの活動とはまた違う責任感が感じられると思います。
 
A. もちろんです。SISTARで活動するときは、ヒョリンオンニが歌が上手だから、また他のメンバーがいるから後ろ盾があるじゃないですか。でもコラボでのステージはやっぱり私への負担がとても大きいです。上手くいったからこその負担感も思っていたより大きいです。たくさん気も使いますし。

 

Q. SISTARのソユではなく、ソユという名前だけでアピールできるようになったのはいつ頃だと思いますか?
 
A. Mad Clownオッパとコラボして1位を獲ったときからだと思います。でもそのときは実感できませんでした。最近はそう強く感じています。多くの関心を持ってくださるので。以前には(インターネットの)私の記事にはコメントは2、3件だけでしたが、近頃は数十件あります。
 
f:id:vouschuchotez:20160326181419j:plain
 
Q. コメントは一つ一つ全部読むんですか?
 
A. はい。1つ残らず全部読みます。たくさん傷つきますが、悪質コメントも見方を変えれば関心ですからね。

 

Q. メンタルヘルスに良くないですよ。A型ですか?
 
A. いえ、O型です。根拠のないコメントは気にしませんが、共感できる指摘もあるんですよ。こんなところが残念だったと鋭く突いてくれるコメントは私が今まで思いもよらなかったことを気づかせてくれたりします。でも、ブスだというコメントは何度見ても傷つきます。私が自分で美人だと言ったことなんてないのに、どうして何度もブスだと言うのか理解できないです。

 

Q. こんなに綺麗なのにどうして?実際に会いに行ってあげたらどうですか?
 
A. ウハハハ。本当にそうしましょうか?

 

Q. じゃあ、ネット記事も全部チェックするんですか?
 
A. ええ。先日モクパン(먹방:テレビ番組で美味しそうに食べるシーン)の記事が70件以上出ていたのですが、1つ1つ読んで、良い記事を書いてくれた記者の方の名前はすぐに覚えました。フフ。
 
f:id:vouschuchotez:20160326181605j:plain
 
Q. ちゃんと記事を書かなきゃいけないですね。外見の話になったのでお聞きしますが、(ソユは)男性の理想のタイプではないですか?清純グラマースタイルじゃないですか。
 
A. (男性の理想のタイプが)そうなのかはわからないし、清純グラマーですか?私が?

 

Q. そうですよ。顔はツンと澄ましていて清純で、身体はグラマーだし。性格は気さくで猫をかぶったりしないし。男性が好きなスタイルじゃないですか?
 
A. (胸を見下ろしながら)でも痩せたので(ボリュームは)たくさん落ちましたよ。想像されているほどじゃないですし。衣装がタイトなのでそう見えるんだと思います。それと、胸がひときわ強調されている写真がたくさん撮られているのもあります。

 

Q. 医療の力を借りたとかは?
 
A. 絶対絶対ないです。うちの家系がこうなんです。お母さんとおばあちゃんはもっと大きいです。

 

Q. ウハハハ。わかりました。お年寄りも好きなスタイルですよね。
 
A. そうですね。お年寄りの方も応援してくださっています。外食に行くと気づいてくださって、「あらソユさん、番組見てますよ」とサービスしてくださるし、それは全部食べます。この間タクシーに乗ったのですが、運転手の方が私が助手席に座るやいなや「ソユさんこんにちは」とおっしゃったんです。ノーメイクだったのですごく驚きました。
 
f:id:vouschuchotez:20160326182005j:plain
 
Q. タクシー乗るんですか?
 
A. はい、よく乗ります。バスや地下鉄もよく乗ります。冬場はマフラーをしたらわからないみたいです。

 

Q. 自分で運転しないんですか?
 
A. はい。もともと免許はなかったんですけど、この前「すごい夫の実家」で取りました。せっかく道路走行までしたので取ったのですが、あまり車の必要性を感じられなくて。マネージャーが車を出してくれるし、そうじゃないときはタクシーに乗れば良いから。

 

Q. 良い「『すごい夫の実家』」に嫁入りしましたね。
 
A. はい。良いところに嫁ぎました。個人的にも番組に参加できてよかったし。スタッフの皆さんとも仲良くなれて。ソユと言うと、タフで強いようによくみられていましたが、番組を通してイメージが変わったようで嬉しいです。(義理の)ご両親もよくしてくださるし。お義母さんはときどき電話してくださって、ステージをモニターしてくださります。

 

Q. モクソユというあだ名もつきました。本当に美味しそうに食べますね。
 
A. 食べることが大好きです。歌うときはしっかり食べないといけないので好きなだけ食べます。番組を通して自分でも知らなかった癖を発見しました。食べる前に髪を結ぶんですね。完全に戦闘態勢で。あと何でも歯で噛みとる癖もあるし、あんなに舌鼓を打つなんて知らなかったです。

 

 
②へつづく 
 
何だよハハホホって(笑)

この約1年後には、ブスだってコメントには傷つかない、性格悪そうとか意地悪そうってコメントに傷つくって言ってたけど絶対どっちも傷ついてるんだよーㅠㅠ
ヒョリンさんの場合、書き込みも読むしそれに腹が立つこともあるけどお酒飲んだら忘れるとか (笑)
どっちにしろ読まないで欲しいけど気になる気持ちもわからなくもない....